2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.04.12 (Wed)

「神の時空 京の天命」 高田崇史



神の時空 京の天命 高田崇史

松島、天橋立、宮島。日本三景と呼ばれる名勝が次々と崩壊炎上し、籠神社では神職が惨殺される。高村皇らの最大の仕掛の始まりだった。神々を鎮めるため、辻曲兄妹と関わりのある女性たちが全国の神社に散る。摩季が亡くなり六日目、「死反術」を執り行う期限も迫る。八年前、天橋立で辻曲夫妻を巻き込んだ大事故の真相とは?これまで日本の怨霊を揺り起こしてきた高村皇の真意が明かされる。

この摩訶不思議なシリーズが終わりました。

が。

私は高田さんのファンなのであまりキツイことは書きたくないのですが・・・



書くね(・ω・)



次女の摩季が殺されて、生き返らせるためにドラゴンボールみたいなのを集めて、生き返らせようと辻曲兄妹が頑張るのです。
でも、ほぼほぼ活躍するのは妹2人で、兄はひたすら部屋に閉じこもって術の準備しているので途中から存在がなくなっていた(爆)

主役は(おそらく)陽一なんだけど、この陽一も「は?」という設定であって、
それをここで書くわけにはいかないんだけど、ある意味特殊な感じ。

ドラゴンボールを探すのは陽一と辻曲妹2人の3人。
あとは現地で知り合った人たちなんだけど、初七日までになんとかしなくては!

って感じなので実はこの本はエピソード0的な2巻を除けば6日間の話の本なのです。
なのでめっちゃリアリティがない(笑)
まぁ陽一君の設定やら人の黄泉がえりなどを考えると最初からリアリティはないんだけど。

で、まぁ終わったのですが・・・グリ(猫)と六道さんとの関係が分かったくらいで
あとは何一つわからなかった。
8年前の交通事故も解決されるのかと思ったり、まぁ陽一くんの件もあるし、
うろついていた刑事。たくさん。たくさん。

今までQEDとカンナと毒草師とどのシリーズも面白かったのに、
これは・・・ない(;´Д`)

まぁ高田さんが書きたいことはわかるのよ。
神様を敬いなさい。
と、シンプルに書けばそれの一言に尽きると思う。
神社というのはほぼ怨霊を祀っている場所であって、必ず意味がある。
なので気軽に行くのではなく、しっかりと御手水で手を洗い口をゆすぎなどなど
ありますが、最近はそういう傾向もなく・・・と嘆いている感ありありで・・・

それはわかるんだけど、それとこのシリーズとは話が違うよなーと思いました。

05:00  |  高田崇史  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.11 (Tue)

「ビブリア古書堂の事件手帖6」 三上延



ビブリア古書堂の事件手帖

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていた。過去を再現するかのような奇妙な巡り合わせ。深い謎の先に待つのは偶然か必然か?


栞子さんの性格は好きじゃないんだよなー。
毎回書いてますが。

でも、物語はものすごく面白くて(〃ω〃)
太宰治に関しての話で、読んでるとどこまでが事実でどこまでがフィクションかわからなくなります。
太宰の人となりに関してはほぼほぼ真実なんだろうなー。
ただ、今回書かれている「晩年」のサイン付きとかなんとか付とかここはフィクションかなー。

古書なんてハッキリ言って興味ないからねー。
確かに貴重なものかもしれないけれど、私からしたら中にある物語のほうが大事であって、
それが初版であったりどうのこうのには興味ないんだよねー。

でも、興味ある人にとっては傷害とか殺人とか・・・
結構荒っぽい話になります。

次回でラストっていう話もありますが、なんかこの人もあの人も親戚~みたいになりまして、
結局は親戚の話になるのか??
05:00  |  三上延  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.10 (Mon)

「本バスめぐりん。」 大崎梢



本バスめぐりん。 大崎梢

3000冊の本を載せて種川市を走る移動図書館、愛称めぐりん。乗り込むのは、65歳の新人運転手テルさんと図書館司書のウメちゃんだ。2人と1台を待ち受けるのは利用者とふしぎな謎の数々で?!本でつながる想いをのせて、移動図書館は今日も走る!

【目次】
テルさん、ウメちゃん/気立てがよくて賢くて/ランチタイム・フェイバリット/道を照らす花/降っても晴れても


移動図書館という、本好きにはたまらない話ながらも、
大崎梢さんという、私が大好き~な作家さんの話としてはいまひとつでした。

たぶん、私が大崎さんに求めているものは果てしなく大きいかもしれない(笑)

第一、主人公が定年退職して無職の65才のおっさん。
もうそれだけで物語に華やぎがない。

でも読んでるとたまに懐かしいタイトルが出てきたり、「そういえばこの本読もうと思って読んでなかった」とかいう本も出てきたり(笑)、図書館利用する本読みにとっての「あるある」があって楽しめました。

図書館も利用することによって本をたくさん仕入れることができる。
なるほど(〃ω〃)
これからもどんどん利用することにしましょう。


05:00  |  大崎梢  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.08 (Sat)

「シャルロットの憂鬱」 近藤史恵



シャルロットの憂鬱 近藤史恵

元警察犬シャルロットとの穏やかな日常に、ふとまぎれこむ不可解な謎。ささやかな歪み。解決するたびに、絆が強くなっていくような気がした。やわらかい読み心地の傑作コージーミステリー。

【目次】
シャルロットの憂鬱/シャルロットの友達/シャルロットとボーイフレンド/シャルロットと猫の集会/シャルロットと猛犬/シャルロットのお留守番


シャルロットの憂鬱は「ペットのアンソロジー」で読みました。
その後のシャルロットの話が読めて楽しい。

私は動物は飼ってないのですが、ペットブログなどを見るのが好きで、
そうしていると犬や猫が本当に表情豊かなのがわかります。

祖母の家に猫がいたんだけど、もっと表情を観察しておけばよかった。
人懐こい猫でかわいかったのですが、死んじゃったみたいだし。
(ある日突然いなくなったらしい)

シャルロットという元警察犬を飼っているのでしつけはしっかりしているし、
なんか可愛いし、この本を読んで犬飼いたくなる人増えるんじゃないかと
思いましたが、ただそれだけではなく現在の野良猫事情などかわいいだけ
では済まないペットの話など書いてました。

かなーーーり癒されました(〃ω〃)
05:00  |  近藤史恵  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.07 (Fri)

「月桃夜」 遠田潤子



月桃夜 遠田潤子

奄美の海を漂う少女の元に、隻眼の大鷲が舞い降り、語り始めたある兄妹の物語。親を亡くし、一生を下働きで終える宿命の少年フィエクサと少女サネン。二人は「兄妹」を誓い、寄り添い合って成長したが、いつしかフィエクサはサネンを妹以上に深く愛し始める。人の道と熱い想いの間に苦しむ二人の結末はー。南島の濃密な空気と甘美な狂おしさに満ちた禁断の恋物語、待望の文庫化。日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作。

こーれーはーねー。

あまり好きな類の話ではなかった(笑)

すみません。

奄美の海を漂っている茉莉香なワケですが、大好きな兄が死んだので自分も死のうと思っているわけだ。
そこで大鷲が登場して、自分の人間だった過去の話をする。

とりあえず茉莉香がムカつく。
交通事故で7年意識不明だったので、15歳で目覚めたけど気持ちは8歳というちぐはぐさは気の毒だなと思うけれど、兄に対しての依存度が気持ち悪さマックスで、うげぇーと思いながら読みました。

フィエクサとサネンは兄妹と生きていながらも血のつながりはないので、まぁ恋愛関係になっても多少は仕方ないとは思って読んでいたのですが、フィエクサは明らかにサネンの人生の邪魔だ。
自分のことしか考えてないじゃない。
もうーーなんなのか。

茉莉香の兄にもガッカリしたし。
あーーー!!!!もうっ!!!!!

と思って読み終えた1冊になりました(・ω・)
05:00  |  その他た行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.06 (Thu)

「ジャポニズムに夢中」 和田はつ子



ジャポニズムに夢中 和田はつ子

花岡ジュエリースクールの学生、皆見みな美と喜多川北斗が共同制作したジュエリー“清流の紅葉”。ニューヨークの宝飾店から絶賛され、譲ってもらえないならオリジナル作品を、という依頼が届く。そのキーワードは、ジャポニズム。日本らしいジュエリーを求めて、北斗は調べ始める。一方、石を磨くこと以外に積極的になれないみな美は、家に迷い込んだ猫をきっかけに人気アイドルグループのメンバー・内田敦と知り合う。しかも、二人の写真が週刊誌に出て大騒ぎに。北斗とみな美の恋の行方は!?北斗が作るオリジナルジュエリーとは!?文庫オリジナル小説、第二弾。

猫つながりなのはいいとしても、なぜアイドルがみなみと仲良くなるかが謎。
みなみは性格はしっかりしているかもしれないけれど、外見的にはかなり怪しい。

北斗の仲もなんだか宙ぶらりんでしたが、最後それでいいわけ?と多少首をかしげた。
相変わらず表紙の次にある宝石たちがきれいでしばしうっとり。
パールいいなぁー(〃∇〃)

向井先生・・・前作では割とおとなしい先生かと思ってましたが、エロスを語るとうるさすぎることが分かった(笑)
こんな設定なのか。
なんだかよくわからないキャラ設定の人が多くて首かしげながら終わった感じ(笑)
北斗が一番だらしない感じ。
もっとしっかりすればいいのに。
05:00  |  和田はつ子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.05 (Wed)

買った本 4月2日とか

本屋さんぶらり旅(〃ω〃)

「心霊探偵八雲10」 神永学



やっとか10巻が出ました。
単行本の9巻は2012年! 文庫の9巻は2015年!!
今2017年!!!!!!!!!

とにかく言いたいことはこれ↑
もったいなくて読めない(笑)

「ラストレシピ」 田中経一



はじめましての作家さんなんだけど、本屋さんでぶらりとして表紙と帯と裏表紙で買いました。
久々だわ。こういう買い方(*ΦωΦ*)
私がこういう買い方をするとたいていその本は当たりなのだ。
伊達に本読みではないのだっ!
と、自分に期待をします。

「PO」 深町秋生



なんか女刑事が活躍する話を読みたいなーと思って本屋ぶらりしてたんだけど(この本だけ別の日)、久々に深町さん発見したーーー!!! 
これは買わなくては!
速攻で購入いたしました(〃ω〃)
好きな作家のいきなり文庫系は手にとってしまいます。

「神の時空」 高田崇史



これは4月6日に発売です。
楽天で予約してます。
これはたぶん届いたらその日のうちに読みそう(〃ω〃)
これで最終巻って前に書いていたような・・・
あの感じでどう終わるんだろう?
気になります。
とても。

05:00  |  買った本のメモ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.04 (Tue)

「院内刑事」 濱嘉之



院内刑事 濱嘉之

廣瀬知剛は、政治家も利用する大病院で働く警視庁公安総務課OB。モンスターペイシェント、院内暴力、セクハラ、果ては暴力団関係者、薬物反応の出た患者の対応まで、ありとあらゆるトラブルの処理に追われている。ある日、脳梗塞で倒れた財務大臣が運ばれてきた。どうやら何者かに一服盛られたらしいー“院内刑事”の秘密捜査がはじまる!

初めましての作家さん。
面白いかなーと思ったんだけど、
なんっていうか・・・首かしげた。

なんだろう。
面白いはずなのに詰め込みすぎな感じがして、
あれやこれやと解決しているうちに終わった~。
ここで終わるのか?
いいのか??
事件を未然に防ぐのが公安ってことならば、話は地味になるのだが。

財務大臣が毒もられたって話になって面白くなったなーと思ったんだけど
その話一本に絞るわけでもなく、あっちいったりこっちいったり~。

そのせいかちょっと面白みが半減した感じがした。
05:00  |  その他は行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.03 (Mon)

「桜風堂ものがたり」 村山早紀



桜風堂ものがたり 村山早紀

万引き事件がきっかけで、長年勤めた書店を辞めることになった青年。しかしある町で訪れた書店で、彼に思いがけない出会いが…。田舎町の書店の心温まる奇跡。

本屋大賞ノミネート作品とのことですが・・・
これはノミネートなるだろうなー。
書店員の夢と希望と憧れがつまった1冊に見えました。

まぁ面白かったんだけど、途中で「は?」と思うことがあったはあった。
それまでメールのやりとりはしていたとはいえ、初対面の男に
「うちの書店を任せたい」

「え???」

そこがねぇーーーー。
年寄りが1人でやる小さい書店。
うむ。私が住んでいたエリアではあんな書店だな。
と思いながら読みました(その書店は閉店しましたが)

本読みにとっては憧れの話でしたねー。
うまく行き過ぎの感は否めませんけれど。
いつもうまくいかない話ばかり読んでるとこういうひねくれた人間になります(笑)

ただ、この人たちのその後が知りたいなー。
このメンバーのその後が出たら読んでみたいなと思いました。
08:03  |  その他ま行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.01 (Sat)

3月に読んだ本のまとめ

3月の読書メーター
読んだ本の数:26
読んだページ数:8167
ナイス数:864

赤い博物館赤い博物館感想
こういうキャラ@館長ってたまに出てくるなぁー。瀬在丸紅子系というかなんというか・・・。新たな部署ってことで地味な活動ながら面白かったです。アンソロジーでしか読んだことのない作家さんでしたが楽しめました。この話・・・続く?
読了日:03月01日 著者:大山 誠一郎


崇徳院を追いかけて (創元推理文庫)崇徳院を追いかけて (創元推理文庫)感想
シリーズものとは知らなかったのですがすごく好きだー。ぜひ前作も読みたい。ほかの方の感想を聞くと今回は少し毛色が違ってるみたいなので今度は最初からガッツリ読みたいです。
読了日:03月03日 著者:鯨 統一郎


マカロンはマカロン (創元クライム・クラブ)マカロンはマカロン (創元クライム・クラブ)感想
面白かったよ~。ちょっとした毒のある話がまたスパイスが効いていい感じ。三舟シェフ・・・なんでこんなに聡明なんだろう。フランス料理を6人でシェアはあんまりカッコいいものではないよねー。
読了日:03月04日 著者:近藤 史恵


八獄の界 死相学探偵6 (角川ホラー文庫)八獄の界 死相学探偵6 (角川ホラー文庫)感想
おぉっ!そういう事だったのか!!面白かったけど少し怖かった(^^;)今回はばーちゃんのうざいまでの語りが少なかったので読みやすかったです(笑)
読了日:03月06日 著者:三津田 信三


私をくいとめて私をくいとめて感想
綿矢作品の鉄板キャラというか・・・読んでて「分かるわー」という箇所もありました。もうアラサーなんて忘却の彼方ですが。ただ、私の中には「A」はいないのよねん。会話したこともない。
読了日:03月07日 著者:綿矢りさ


ホテルモーリスの危険なおもてなし (講談社文庫)ホテルモーリスの危険なおもてなし (講談社文庫)感想
続きそうな気配ですがどうなんだろう。せっかくのキャラを生かすためにはもう少し話があったほうがよいかも。日野さんがとてもいいなー。ただ詰め込みすぎ感があって桑野さんとかもったいないなぁー。
読了日:03月09日 著者:森 晶麿


十二人の死にたい子どもたち十二人の死にたい子どもたち感想
面白かった。私だったら「1人くらいいても関係ないじゃない」と思うけど、まぁ結局それが面白い方向に進んで行った。ラストは想定内であり意外でもあり。楽しめました。
読了日:03月11日 著者:冲方 丁


三毛猫ホームズの闇将軍 (光文社文庫)三毛猫ホームズの闇将軍 (光文社文庫)感想
どんだけ美味しいクッキーなんだ(笑)そして人が死にすぎる〜。三毛猫ホームズシリーズってこんなに死んでたっけ?と思いましたが相変わらず片山さんがモテるなー。いいなー。昔から読んでるシリーズが変わらないのは嬉しい(ケータイ持ち出しているけど)
読了日:03月12日 著者:赤川 次郎


許されようとは思いません許されようとは思いません感想
初めましての作家さん。話題作なので読みたかった。ようやく読めた(T_T) 最後にドンデン返し系とのことでしたが・・・最近はこういうのも目新しくなくなってきたというか・・・そういう意味では新鮮さに欠けました。ただ、ばぁばと杏ちゃんの話。イヤな顔写真の年賀状を出さない事をうまくまとめるためにはこういう事を考えるのか。そのための話だったのかと驚きました。
読了日:03月13日 著者:芦沢 央


邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)感想
面白かった。聖徳太子と織田信長に関してはほかの本でも似たような「説」の話を読んだことがありましたので、同じような考えの方がここにもいるということを再認識。昔の文献で事実を極める楽しさを味わいました。邪馬台国東北説は初めて聞きましたので驚きましたが、宮田さんの説に納得っ!そういえばそうだったっ!!!
読了日:03月14日 著者:鯨 統一郎


新・世界の七不思議 (創元推理文庫)新・世界の七不思議 (創元推理文庫)感想
世界史はほとんどわからないのでそのまま小説として楽しく読みました。松永さんの料理とカクテルの腕前が上がっている気がする。そして店もなんか仕掛け出てきたし(笑)バーなのにかつ丼とかw 静香の荒々しい感じが笑えます。でもなんだかいい人だねー。
読了日:03月15日 著者:鯨 統一郎


去就: 隠蔽捜査6去就: 隠蔽捜査6感想
愛すべきマンネリ(誉め言葉)。家庭での態度ではイラっときたりしたけど(笑)、仕事としてはいう事ないですよねー。部下を信頼し必要以上に出しゃばらない。しかし責任はしっかりとる。すばらしい~。そして冴子さん、相変わらずカッコいいなー。憧れ。
読了日:03月15日 著者:今野 敏


新・日本の七不思議 (創元推理文庫)新・日本の七不思議 (創元推理文庫)感想
時系列でいけば「崇徳院~」の後の話になるのかー。いきなりラブラブになっているので驚いた(笑)そして謎解きのほうがなんか雑になってきてる。こういう種類の話はそうそうネタがないのも仕方ないんだけど、「邪馬台国~」は納得できるものも沢山あったんだけど今回は読んでる最中で終わったような「あれ?終わり??」というのもいくつかあった。残念。「崇徳院~」また読もう(笑)
読了日:03月16日 著者:鯨 統一郎


バチカン奇跡調査官 楽園の十字架 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 楽園の十字架 (角川ホラー文庫)感想
殺人事件の無残な遺体写真をシン博士に送った(送ってしまった)平賀が面白すぎる。シン博士は平賀が思っているほど優しくはないはず(笑)でもきっと面倒見がいい人に違いない。ロベルトの作る料理はいつも美味しそう(〃ω〃) しかし・・・着ぐるみの平賀と踊った人がまさかあの人だったとは・・・
読了日:03月17日 著者:藤木 稟


将軍の首 公家武者 松平信平14 (二見時代小説文庫)将軍の首 公家武者 松平信平14 (二見時代小説文庫)感想
強敵現る。何気に五味さんが強いのはなんでだろう?(笑) 強敵すぎて大丈夫か?と心配にもなりますが、続くということで楽しみです。宗之介のモデルは沖田総司? いや・・・雰囲気が・・・
読了日:03月18日 著者:佐々木 裕一


希望荘希望荘感想
面白かった。今でも桃子とやりとりあるんだーとちょっと驚きましたが、最後の震災で行方不明になった人を探す話が印象に残りました。砂男も面白かったなー。
読了日:03月20日 著者:宮部 みゆき


今日も嫌がらせ弁当今日も嫌がらせ弁当感想
毎朝すごいなぁー。毎日弁当を作る身としてはこんな細かい海苔作業なんか絶対やらない(笑)でも、ふとこれをうちの夫に出すとなると間違いなく「嫌がらせ弁当」になるので毎日の娘さん・・・がんばりました(笑)
読了日:03月20日 著者:Kaori(ttkk)


喧嘩喧嘩感想
お金の話になると二宮も負けてないから笑えます。せこいし。面白いわー。破門された桑原でしたが・・実際のところは桑原も大変だったのかな。二宮と一緒の時の桑原はものすごくいつも通りの桑原だったけどσ(^_^;)
読了日:03月21日 著者:黒川 博行


0能者ミナト<10> (メディアワークス文庫)0能者ミナト<10> (メディアワークス文庫)感想
面白かったよー。でも二宮くんは何者なのか??架空の人物かなと一瞬思ったんだけど、違うとなると・・・あれれ???餓鬼に関しては少し予想してました。「弁当に匂い」って・・・(笑)湊ほとんど活躍してないけど、「吹っ切れそうですYO」には笑った。
読了日:03月22日 著者:葉山 透


ムーンズエンド荘の殺人 (創元推理文庫)ムーンズエンド荘の殺人 (創元推理文庫)感想
人がどんどんと死んでいく様は読んでて十角館とか思い出すんだけど、ときどき出てくる15年前の話プラス今現在メンバーが抱えている問題。そっちの説明がかなーーーーーーり雑で「実はもう1冊どこかに存在しているのか?」と気になった(←本はないみたい)。謎解きとしては「なるほどなー」でしたが、やっぱり人物背景をもう少し書ききってほしかった。
読了日:03月23日 著者:エリック・キース


瑠璃でもなく、玻璃でもなく瑠璃でもなく、玻璃でもなく感想
なんか納得いかない(笑)もともと不倫モノあまり好きじゃないんだけど(知らないで読んだ)英利子が不憫にしか見えなくて。まぁ結婚だけが幸せじゃないというのはわかってはいるつもりですが・・・いろいろと納得いかなかったーーー(笑)
読了日:03月25日 著者:唯川 恵


愛しのジュエラー (小学館文庫 わ 7-16)愛しのジュエラー (小学館文庫 わ 7-16)感想
北斗とみなみにそれほど魅力を感じないというか・・・和田さん得意の宝石で話を進めてみたけど、別に宝石じゃなくてもいいのかも。2人で組んで仕事をするっていうのがねー。よかったと思った。みなみの設定は特殊すぎっ!しかしシャネルのスーツ・・・なんかイメージできるよー(歳が・・・ σ(^_^;))
読了日:03月25日 著者:和田 はつ子


愛しのジュエラー ジャポニズムに夢中 (小学館文庫)愛しのジュエラー ジャポニズムに夢中 (小学館文庫)感想
アイドルが出て来た(笑)なんか笑うしかない。相変わらず北斗は自分勝手だしなぁー。なんというか・・・キャラが増えて混乱している。向井先生のエロスがかなり謎だった。写真の宝石にうっとり(〃ω〃)
読了日:03月25日 著者:和田 はつ子


告白の余白告白の余白感想
都市伝説か!?と言いたくなるような京都のあれやこれや。もしかして・・・と思って作者さんの欄を見るとやはりというか当然というか京都の方でしたー。最後には「コント?」と言いたくなるような言い回し。京子に振り回されました。読んでて疲れた(笑)
読了日:03月28日 著者:下村 敦史


桜風堂ものがたり桜風堂ものがたり感想
これは確かに本屋大賞ノミネートなるよねー(←本屋さんが売りたい本として)。これは書店員の夢と希望と憧れが全て詰まっているのではないかと思いました。内容的には途中までは面白かったのですが、「店をやってくれないか?」というところで「は?」と思ってしまったー。夢のない私ですみません。もう少し恋愛モードになるかと思ってましたがそうはならなかったかー。
読了日:03月29日 著者:村山 早紀


院内刑事 (講談社+α文庫)院内刑事 (講談社+α文庫)感想
初めましての作家さんなのだけど・・・こういう公安もあるのかと。はじめましてなので作風がいイマイチ掴めなくて戸惑ってます。何というか公安の物語だから仕方ないとはいえ・・・ぶつ切りという印象を受けた。
読了日:03月31日 著者:濱 嘉之

読書メーター


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

乱読復活( ̄^ ̄)ノ

ってことで、先月の倍の26冊読みました。
うむ。鯨統一郎さんを知り鯨さんを読み漁った(といってもこのシリーズのみ)3月でした。

あとかりんトウさんから借りた本9冊読んだー。

春になると家のこととか忙しくなるので、3月ほどは読めないと思うけれど
それでもまたいろいろな本を読みたい(〃ω〃)

4月は高田崇史さんの「神の時空」が出るしー。
妹から借りた本もあるしー、
図書館&公民館を3つはしごしてー。
まぁいつもと変わらない月になるでしょう(^^;)


08:27  |  月別まとめ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT