2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.11.01 (Thu)

10月に読んだ本のまとめ

2012年10月の読書メーター
読んだ本の数:31冊
読んだページ数:9237ページ
ナイス数:188ナイス

殺人鬼 (新潮文庫)殺人鬼 (新潮文庫)感想
きーもーちーわーるーいーーーー(TдT) いやぁー最後に殺されたあの人の殺され方の無残なことっ!想像して(するな)気持ち悪くなりました。
読了日:10月1日 著者:綾辻 行人


エンジェル・ウィスパー〈上〉 (メディアワークス文庫)エンジェル・ウィスパー〈上〉 (メディアワークス文庫)感想
表紙の蝶々が意味合いを持つ~。幻想的な表紙。物語は進んでいきますが・・・ちょっとミステリアスな雰囲気になりながら下巻へ続く。
読了日:10月2日 著者:山科 千晶


エンジェル・ウィスパー〈下〉 (メディアワークス文庫)エンジェル・ウィスパー〈下〉 (メディアワークス文庫)感想
設定は好きだったんだけど、説明不足な感じ。民俗学といったら三津田信三さんを思い出しますが、あのシリーズほど厚くしなくていいけどね(^^;) 
読了日:10月3日 著者:山科 千晶


黒衣の女 (徳間文庫)黒衣の女 (徳間文庫)感想
案外楽しめた。確かに「これはないだろう」的な殺害方法ではありましたが(^^;)それほど読み終わった後の嫌悪感もなく、まぁこれはこれであり(^^)
読了日:10月4日 著者:折原 一


ロートレック荘事件 (新潮文庫)ロートレック荘事件 (新潮文庫)感想
終始違和感と闘っていた感じ。謎が解けてやっぱりなと思ったのですが、なんか悔しい(笑)こういうのってフェアなの!?と思ったり。しかし、読メの皆さん、みなさん違和感感じていたのですね♪
読了日:10月5日 著者:筒井 康隆


彩雲国物語 漆黒の月の宴 (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語 漆黒の月の宴 (角川ビーンズ文庫)感想
劉輝が好きなので、イマイチなこの巻(^^;) 劉輝のセリフ一つでも胸キュンですが(爆)、なにしろ殆ど登場しないから妙にイラつきました(笑)読むたびに強い女性た登場してきますね。
読了日:10月6日 著者:雪乃 紗衣


魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?感想
東川さん、アホっぽさに磨きがかかっているような・・・。4つの物語でしたが、最初に犯人が分かるというコロンボ形式。一応「本格」も取り入れているんだけど、魔法使いが登場してるから・・・ね・・・(笑)ところどころのバカっぽい笑いのセンスは好き。
読了日:10月8日 著者:東川 篤哉


寮の七日間 (ポプラ文庫ピュアフル)寮の七日間 (ポプラ文庫ピュアフル)感想
「場所は紅桃寮」「404号室は開かずの間」「解決まで1週間」というテーマで4人の作家さんが競作するわけですが・・・加藤さんだけえらく毛色が違うというかなんというか・・・(笑)個人的には谷原秋桜子さんの作品が好きですね。最後オチまでもってきてしっかり締めた感じ。
読了日:10月9日 著者:加藤 実秋,谷原 秋桜子,野村 美月,緑川 聖司


泥棒猫ヒナコの事件簿 あなたの恋人、強奪します。 (徳間文庫)泥棒猫ヒナコの事件簿 あなたの恋人、強奪します。 (徳間文庫)感想
面白かったな~。なんっていうか、設定が「泥棒猫」だから似たようなシチュエーションで来るかと思いきや、意外と多種多彩な感じで楽しめました。もちろん第二弾も読む~(・∀・)
読了日:10月10日 著者:永嶋 恵美


倒錯の死角 (講談社文庫)倒錯の死角 (講談社文庫)感想
結構面白かった。自分の知らないところで見られているのは薄気味悪かったけど、それはそれで読み応えありました。でもレオタード着て窓開けて踊っているって・・・アホか?と思った(^^;)勤め先の上司との不倫に関しては90年代だな~と思ったり(笑)
読了日:10月12日 著者:折原 一


殺人鬼〈2〉―逆襲篇 (新潮文庫)殺人鬼〈2〉―逆襲篇 (新潮文庫)感想
殺害シーンが気持ち悪い。一字一句丁寧に文字拾わなくてもいいよね?ってくらい。物語としては最後??と思った。なぜそうなるのか。この本では続編もありそうなニュアンスだったけどまだ出てないところを見るとそれが読者の答えかしら?
読了日:10月13日 著者:綾辻 行人


スチームオペラ (蒸気都市探偵譚)スチームオペラ (蒸気都市探偵譚)感想
この物語の世界観が好きで読み終わるのがもったいなく、たらたらと読みました。エマ可愛いな~(´∀`)最後の最後で「あれ??」と思ったけどこれもまたご愛嬌。楽しく読んだ1冊でした。
読了日:10月14日 著者:芦辺 拓


彩雲国物語 欠けゆく白銀の砂時計 (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語 欠けゆく白銀の砂時計 (角川ビーンズ文庫)感想
やっぱり劉輝が好き~ヽ(´∀`*)ノ 彼が登場するだけで涙腺が崩壊する。なんでだろう(^^;)ちょっと自分自身も謎だけど、今まで劉輝が登場しなくてつまらなかった分堪能しました。
読了日:10月15日 著者:雪乃 紗衣

>探偵・日暮旅人の宝物 (メディアワークス文庫)探偵・日暮旅人の宝物 (メディアワークス文庫)感想
なんと、胸きゅんではないか!!∑( ̄□ ̄ノ)ノ ドキドキしてしまったぞ。「六月の花嫁」は泣くな~。こういうのに弱いです。短編集かと思ったら、本当にセカンドシーズンみたいですね~。4作でやめとけばよかったのに。みたいにならないといいけど。
読了日:10月16日 著者:山口 幸三郎


彩雲国物語 朱にまじわれば紅 (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語 朱にまじわれば紅 (角川ビーンズ文庫)感想
現金なもので劉輝が登場するとさくさくっと読みすすむ(笑) 試験に受かった秀麗・影月以外のもう1人が、ようやくあの変人だと気づく。でもあの変人は好きです。しかしそれ以上に劉輝がいいな~。藁人形に可愛い細工するなんて・・それだけで泣ける(TдT)
読了日:10月16日 著者:雪乃 紗衣


ある日、アヒルバスある日、アヒルバス感想
ブログというのは怖いものでござる。鋼鉄母さんの息子・・・めっちゃ可愛いんですけど~。とてもとても面白い1冊でした。今どきの後輩への指導・・それに迷うデコ。わたしもデコタイプだよな。きっと・・・綿飴だな~とちょっと凹んだけど(笑) 鋼鉄母さんいい人じゃない。とても(^^)
読了日:10月17日 著者:山本 幸久


彩雲国物語 心は藍よりも深く (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語 心は藍よりも深く (角川ビーンズ文庫)感想
「王」として振る舞わなくてはいけない劉輝にまた涙するわたし(爆)あと1冊で影月編は終わるとか。そうか・・・そういうことなのか。
読了日:10月17日 著者:雪乃 紗衣


彩雲国物語 光降る碧の大地 (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語 光降る碧の大地 (角川ビーンズ文庫)感想
物語としてとても楽しめました。影月も燕青も龍蓮も香鈴もみーんなカッコ良かったんだけど、一番カッコよく涙うるうるしたのは村のおばちゃん。すごーーくカッコ良かった(TωT)
読了日:10月18日 著者:雪乃 紗衣


鬼談百景 (幽BOOKS)鬼談百景 (幽BOOKS)感想
「実話?」とさえ思う。っていうか、実話もあるよな。昔よくあった「怖い話」という話のオンパレード。洗面器にカミソリ。あったあった。あの話は続きもあったよなとか。コックリさんもどきとか。こういう怪談は怖いんだけどどこか懐かしくもあります。
読了日:10月18日 著者:小野不由美


大きな森の小さな密室 (創元推理文庫)大きな森の小さな密室 (創元推理文庫)感想
最初3作までは普通だったけど、残りは全部バカミス?バカミスっぽいような気がしました。登場人物がシリーズものの人らしいですが、キャラが濃すぎてイマイチ魅力的じゃなかったな~。あまり楽しめなくて残念でした。
読了日:10月19日 著者:小林 泰三


倒錯のロンド (講談社文庫)倒錯のロンド (講談社文庫)感想
この作家さんも途中まではめっちゃ面白いんだけどな~。最後そうなったか。一番怖かったのは息子を思う母親ですね。
読了日:10月21日 著者:折原 一


黄色い水着の謎 桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活2黄色い水着の謎 桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活2感想
とてもとても笑った。これはこういうスタイルか?とうとうお笑い小説になったか(笑)最高でした~(・∀・)クワコー進化してる。貧乏ぶりに(笑)良かったです。太宰ファンが知ったら腰抜かすような迷言もありましたね(^^;)
読了日:10月22日 著者:奥泉 光


流れ星が消えないうちに (新潮文庫)流れ星が消えないうちに (新潮文庫)感想
静かで優しい物語。普段あまりこういう本を読まないので多少の戸惑いはありますが(笑)みんないい人ばかり。でも、その中でも一番いい人は巧くんだと思う。彼の心の広さには誰も敵わない。
読了日:10月23日 著者:橋本 紡


県庁おもてなし課県庁おもてなし課感想
ごめんなさい。あんまり面白くなかった。多分それは「おもてなし課」が発案するプランに心惹かれないからだと思う。私が住んでいるところも田舎なので似たような感じだった。坂本竜馬が全然出てこなかったのも妙に不自然。しかし馬路村はかなり興味あります。HPも見ました(´∀`)
読了日:10月24日 著者:有川 浩


彩雲国物語 藍より出でて青 (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語 藍より出でて青 (角川ビーンズ文庫)感想
龍蓮のキャラがいいな~。まっすぐで嘘がなく、どうやら天才らしいけど、「能ある鷹は。。。」のパターン。たまに素のモードになったときが隠した爪が出てくる時?普段隠し過ぎてて分かりづらい(笑)ただの思い出作りで茶州を回っただけだったのに感動して泣けた。
読了日:10月25日 著者:雪乃 紗衣


玉村警部補の災難 (『このミス』大賞シリーズ)玉村警部補の災難 (『このミス』大賞シリーズ)感想
このコンビもいいねぇ。なんか読みながらあまりにタマちゃんが気の毒で笑ってしまいました(笑)ゲームから何から・・・(笑)でも、加納警視正と仕事をするといつも緊張感ありありで楽しいかもと想像してしまった。・・・タマちゃんじゃないと相棒は無理かな?
読了日:10月26日 著者:海堂 尊


螺旋館の殺人 (講談社文庫)螺旋館の殺人 (講談社文庫)感想
「倒錯のロンド」と「倒錯の死角」を先に読んでいると割と楽しめる本だけど、なんか田宮さんが可哀想で(^^;)何っていうか、もう「そうなの?」「そんなになの?」と言いたくなるくらい悲哀に満ちてました。
読了日:10月27日 著者:折原 一


悪夢の棲む家 (上) ゴースト・ハント (講談社X文庫―ホワイトハート)悪夢の棲む家 (上) ゴースト・ハント (講談社X文庫―ホワイトハート)感想
挿絵がひどい(特にボーサン)。今までのゴーストハントを読んでない人は絶対読まないで~と言いたくなるくらい設定が続き。徹底した否定派の広田さん、気持ちはわかるけどイライラしてきました。でも面白くなってきたので下巻へ続く。
読了日:10月28日 著者:小野 不由美


悪夢の棲む家 (下) ゴースト・ハント (講談社X文庫―ホワイトハート)悪夢の棲む家 (下) ゴースト・ハント (講談社X文庫―ホワイトハート)感想
ラストがなんかあっけなかったかも。今までこーーんなに大変な感じで上下巻進んでいたけど、最後割とあっさりしてたな。もうひと波乱くらいあるかと思ってましたが。しかしジーン・・・(´∀`) いいですね。綾子がチョイ役だったのが悲しい。結構好きなんですよね。綾子。
読了日:10月29日 著者:小野 不由美


スクールガール・エクスプレス38 (YA!ENTERTAINMENT)スクールガール・エクスプレス38 (YA!ENTERTAINMENT)感想
き・・・企画モノ??アニメにもなっているようですが、38人も登場するので誰が誰だかさっぱり分からないまま終了(爆)読み終わった後妙に疲れたような気がしました。芦辺さん、新たなエリア突入ですね。
読了日:10月30日 著者:芦辺 拓,赤目


腕貫探偵、残業中腕貫探偵、残業中感想
1作目より2作目の方が面白いなんてなんって珍しい!ユリエのキャラがとてもいいし、腕貫さんも案外グルメだったし、なんか2作目に来て思いっきり意外な展開。前作ではいかにも公務員だったのに、結構「残業」もしちゃってるし(^^)
読了日:10月31日 著者:西澤 保彦

読書メーター



えーーっと、ここまでスクロールしていただいてありがとうございますm(__)m

31冊だって(笑)
もう笑ってしまう。
まだブログで紹介してない本もありますが、そのうち(´∀`)

今月はクワコーに尽きますね。
心から笑いました。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
06:57  |  月別まとめ  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

あまりの長さに意地になってスクロールしました(笑)
なんで31冊!!
読みたい本が絶えないことも素晴らしいですが、速読でもあるんですね。

日常のブログ書いて、読書感想書いて、妻であり、仕事もして、お義母さんとも同居で…
前から秘かに思っていましたが、igaigaさんものすごく処理能力がおありなのでは?
羨ましいです。
ごろちゃん |  2012年11月01日(木) 19:28 |  URL |  【コメント編集】

●31冊って・・・・・

「ほー31冊なのか」って・・・一日一善一冊読了???じゃーないですか!!
すごーい
ありえない
ホントす・ご・す・ぎ

今月も期待してますよ!!
keita |  2012年11月01日(木) 21:34 |  URL |  【コメント編集】

(*゚∇゚)*。_。)*゚∇゚)*。_。)ウンウン
つーか、今回のスキンは落ち着きが合って居心地がいい☆
mizzo |  2012年11月02日(金) 00:58 |  URL |  【コメント編集】

●>ごろちゃんさん。

気付いてませんでしたが、速読なのかもしれませんね~。
何もなければどんどんと読み進めますので(^^)
ごろちゃんさんと違うところは、子育てという項目がないので
そういう意味では時間があるのかもしれません(^∀^)
もしくは、人として何かが抜けているのかも(笑)
igaiga |  2012年11月02日(金) 06:57 |  URL |  【コメント編集】

●>keitaさん。

そうですね。
そういえば31日でしたね。10月。
最初から1か月に何冊読むかというのを数えないので
毎月の読書メーターで見るのが楽しみです(^^)
igaiga |  2012年11月02日(金) 06:58 |  URL |  【コメント編集】

●>mizzoさん。

スキンってテンプレート?
そう?そう??(〃∇〃)
じゃああと替えない(笑)
なので遊びに来て~。
今回のシステムというか仕組みが結構お気に入りなので
暫く使い続けると思います(^^)
igaiga |  2012年11月02日(金) 06:59 |  URL |  【コメント編集】

すごいですね~。なんと31冊。

感想を読んでいて、殺人鬼シリーズが無性に読みたくなりました!!
グロい好きのigaigaさんが「きーもーちーわーるー」なんて、どんな本か気になるじゃないですか!
読んでみます。図書館に置いてあるのかな?
ちえぞう。 |  2012年11月03日(土) 21:50 |  URL |  【コメント編集】

●>ちえぞう。さん。

凄い量でしたね(笑)
普段、1か月に何冊読んだかは数えないのですが、
31冊でしか~。
なかなかな成績(?)でした。
殺人鬼、本当にグロいですよ~。
読んでぜひ気持ち悪さを共感しましょう(笑)
igaiga |  2012年11月04日(日) 09:13 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/993-b77d0fa3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |