igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「螺旋館の殺人」 折原一



螺旋館の殺人 折原一

世間をアッといわせる新作を久しぶりに発表すべく、山荘にこもって執筆を開始した老作家のもとに、作家志望の美貌の女性が、書き上げたばかりの自らの原稿を持って訪れる。すべての謎は、ここから始まった。奇妙極まる盗作事件、そして殺人。精緻な多重トリックが冴える奇想天外な傑作長編ミステリー。

倒錯のロンドと倒錯の視角を偶然(?)先に読んでいたのでそれなりに楽しめましたが・・・

どんでん返しすぎて途中で投げ出したくなりました(いつものこと)
ラストは、なんか田宮さん可哀想になりましたよ~。
なんか・・・切ないというか哀愁漂いました(^^;)

相変わらず途中までは面白いのですが、
作者さん頑張りすぎるんでしょうね。
残念感漂ってました。

しかし・・・田宮さん可哀想だ(TωT)
読み終わった後、それしか思いつかない(笑)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する