2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.10.19 (Fri)

「鬼談百景」 小野不由美



鬼談百景 小野不由美

「お気に入り」 Yさんは今住んでいる部屋があまり好きになれなかったのだ。旦那さんの職場に近いうえ、家賃も安かったのでその部屋に決めたものの、マンション自体、どことなく暗くて気に入らなかった。部屋もなんだか空気が淀んだ感じがする。妙な物音が耳につくこともある。それはさーっと何かが物を撫でるような音だ。小野不由美が描く九十九の怪異。読むほどに不穏な闇は深まり恐怖がいや増す・・・。百物語怪談文芸の最高傑作、ここに誕生!(BOOKデータベースより)


なんか実話みたいだよね。
読んでて怖いんだけど、どことなく懐かしさを感じる1冊。
いや~感想がモロ昭和(爆)
今の小学生とか中学生とかコックリさんとかコックリさんもどきとかやったのかな。
これはやった人だったらリアルに怖さを感じると思う。
というより、怖さを思い出すといいますか・・・。

これは「怪談」なのかな~。
作り物なのかな~。
でも、今回99の怪談が載っているのですが(BOOKデータベースの受け売り 数えてない)、このうちどれかは実際にあった話だよと言われても驚かない。
よく赤ちゃんは全然違う方向を見て手を叩いて喜んでいるとかいう話も聞いたことあるし。
金縛りとか経験した人もいるし。
どこの学校でも怪談やら七不思議みたいなのはあったし。

でも、怪談とか七不思議っていかにも昭和だよな( ̄ω ̄*)ゞ
ただこの本すべてが「全部実話よ。当たり前じゃない」と言われると少し怖いかもしれない(笑)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
07:03  |  小野不由美  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012年10月19日(金) 19:51 |   |  【コメント編集】

私もこういう話は大好きです。
いかにもありそうなところが身近な怖さを醸し出してますよね。
『残穢』に共通する話もあるのでやはりこちらを先に読む方がいいのでしょう。
私も大昔にこっくりさん お付き合い程度にやった事あるけどほとんど霊的なものは感じませんでした。
そう!私は霊感0の女!!
なお |  2012年10月20日(土) 07:10 |  URL |  【コメント編集】

>なおさん。

残穢も読みたいですね~。
今回たまたまいい具合に図書館にあったのです。
新作なのに奇跡~と喜びました(^^)

こういうのはあまり怖がらないタイプです。
小学生(?)の時から鍛えられましたかね(笑)
igaiga |  2012年10月20日(土) 08:33 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/977-fa446def

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |