igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「彩雲国物語 朱にまじわれば紅」 雪乃紗衣



彩雲国物語 朱にまじわれば紅 雪乃紗衣

即位間もないダメ王様・劉輝の側近に抜擢された、文官の絳攸と武官の楸瑛。けれど肝心の劉輝には逃げられてばかりで目通りすら叶わず、不毛な日々を送っていた。そんな折、城内に幽霊が出るというウワサが立って…?(「幽霊退治大作戦!」)ほか、杜影月との出会い、風邪ひき秀麗の周囲で繰り広げられる珍騒動など、彩雲国の裏に隠された4編の秘密のストーリーを収録。大人気・極彩色ファンタジーに待望の外伝登場。(BOOKデータベースより)

現金なものですっかり劉輝ラブになったわたしはサクサクと読み続けるのです。
しかし・・・毎回思うけど、なんで泣くんだろう。
今回も劉輝が登場しただけで涙腺崩壊(iдi)
なんか、健気で泣けてくる。

物語的には「外伝」というだけあって大したことはない(^^;)
ここまで読んでようやく試験に受かった秀麗・影月ともう1人があの変人だったことに気付く。
名前なんだっけ?(。・ω・。)
藍なんとかさんの弟なんだけど、あの変人キャラは好きです。

劉輝とは比べ物になりませんが( ̄▽ ̄*)

ちょっと読む順番を間違えましたが、影月編ラストに向けての息抜き的1冊のようです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
こんばんは~(*^ー^)ノ

龍蓮ですよね?変なヤツ(〃∇〃)
私が好きな龍蓮です!あまり出番はないですが・・・

今後もigaigaさんの涙を誘うこと間違いないですよ~(*´艸`*)
[ 2012/10/21 21:42 ] [ 編集 ]
>かりんトウさん。

そうそう。龍蓮ですよね。
影月編は全部読んだのですが、それ以降
止まってます。
もしやひそかに1日休みがあればさくさくっと
読み進められるんじゃないかという悪魔の声が
聞こえたりします(笑)
涙腺は心配ですが(^^;)
[ 2012/10/21 22:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する