2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.11.28 (Wed)

「伏 贋作・里見八犬伝」 桜庭一樹



 贋作・里見八犬伝 桜庭一樹

ー人であって人でなく、犬の血が流れる異形の者ーによる凶悪事件が頻発し、幕府はその首に懸賞金をかけた。ちっちゃな女の子の猟師・浜路は兄に誘われ、江戸へ狩りにやってきた。をめぐる、世にも不思議な因果の輪。光と影、背中あわせにあるものたちを色鮮やかに描く傑作エンターテインメント(BOOKデータベースより)

結構時間かかっちゃった(。・ω・。)ゞ

私は実は元々の里見八犬伝は読んだことなくて、知らなくて、こちらを読みながらネットで勉強させてもらいました。
結構、近いみたい>本家と。

で、その「贋作里見八犬伝な物語」と「浜路というハンターとの物語」と2つがあるんだよね。
江戸とはいえ・・・「は人じゃないから殺していいんだ。あっはっは」みたいなのが馴染めなくて。
普段殺人事件の本を好んでいるくせにね(^^;)

思ったよりのめり込めなくて、時間もかかってしまって残念。
一気に読めたらまた違っていたかもしれないけど。
信乃と浜路の会話ややりとりは好きだったけど、
「それはそれ」「これはこれ」の2人に少し驚きました。

今になってからですが、「里見八犬伝」も勉強になったし。
ま。いっか。という気持ちはありますが・・・
うーーーん。
スッキリしたかと聞かれるとあまりスッキリ感はないです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
08:18  |  桜庭一樹  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/966-1063c4af

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |