igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「大きな森の小さな密室」 小林泰三



大きな森の小さな密室 小林泰三

森の奥深くの別荘で幸子が巻き込まれたのは密室殺人だった。閉ざされた扉の奥で無惨に深された別荘の主人と、癖のある六人の客ー表題作の「大きな森の小さな密室」をはじめ、死亡推定時期は百五十万年前という抱腹絶倒の「更新世の殺人」ほか、安楽椅子探偵、日常の謎など、ミステリでお馴染みの七つのテーマに超個性派探偵たちが挑む精緻なミステリ連作集。(BOOKデータベースより)

【目次】
大きな森の小さな密室ー犯人当て/氷橋ー倒叙ミステリ/自らの伝言ー安楽椅子探偵/更新世の殺人ーバカミス/正直者の逆説ー??ミステリ/遺体の代弁者ーSFミステリ/路上に放置されたパン屑の研究ー日常の謎


大きな森の小さな密室は、以前別のアンソロジーで読んだことあった~。
出だしですぐに思い出しました。
まぁそのアンソロジーを読んだのが今年なので
覚えている方が当たり前ですよね(^^;)

「氷橋」は倒叙ミステリということですが、ワタクシ曰く
倒叙=コロンボ形式。
最初に犯人があれやこれやと一生懸命アリバイを作るべく、丁寧に殺人を犯すわけです。
もう犯人アリバイ言いたくて仕方ないんだけど聞いてくれない悲哀ったら(笑)

「自らの伝言」はコンビニ店員が謎を解くという感じなんだけど、どうもこの女性はシリーズものの人らしいけど、あまりいい印象はないよね(笑)

・・・と、普通の作品はここまでであとはひたすらバカミスが続く。
いや、「更新世の殺人」に関してはハッキリとバカミスと書いてましたが、それ以降もバカミスにしか思えないんですけどっ・゚・(ノД`;)・゚・
この連続攻撃は・・・堪えます(爆)
バカミスも好きなはずなんだけど、
ちょっと肌に合わなかったのかも。

ごめんね(。・ω・。)ゞ


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
ありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いいたします。ポチッe-390
[ 2012/10/20 10:36 ] [ 編集 ]
>1okuさん。

こちらこそ仲良くしてください(・∀・)
[ 2012/10/20 13:08 ] [ 編集 ]
こんばんは~(*^ー^)ノ
本屋に山積みになってたの、ちょっと気になったのを
アマゾンから古本で買って見ました(^^;)
タイトルが聞いたことあったのは
『大草原の小さな家』に似てるだけではなかったかも知れないなと。
まずはigaigaさんに読ませてみようとか思った本でした←ひでぇ( ´Д`)
バカミス楽しみにしていよう^^
[ 2012/10/20 22:21 ] [ 編集 ]
>かりんトウさん。

バカミスでしたね~。
確かにしっかり「バカミス」と書いているんだけど
それ以降もバカミスだよ~(笑)
心して読まれたほうが(笑)
なんか探偵役が「探偵役」っぽくないのがポイントです♪
[ 2012/10/21 09:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する