igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?」 東川篤哉



魔法使いは完全犯罪の夢を見るか? 東川篤哉

美貌で美脚。傍若無人のキャリア系女子・椿木綾乃警部。実はキレ者?それともただの変態?小山田聡介刑事。魔法使い少女マリィ。待望の新シリーズSTART!謎と魔法のユーモア・ミステリー。(BOOKデータベースより)

【目次】
魔法使いとさかさまの部屋/魔法使いと失くしたボタン/魔法使いと二つの署名/魔法使いと代打男のアリバイ


なんかアホっぽさに磨きがかかった新シリーズだったような・・・(笑)
これはこれで面白いんだけど、ミステリーという枠で見ると烏賊川市シリーズのほうがしっかりしているかもしれない。

だって・・・魔法使いですから(笑)

魔法使いが魔法で「あの人が犯人よっ!!」と言っても証拠がないので結局は刑事が頑張らなくちゃいけないんだけどね(笑)
最初に犯人が犯罪を犯すコロンボ形式です。
なので、「誰が犯人なんだろう?」という考えではなく、「どうやって解決するんだろう?」と心配な目で見てしまいます。

そして完全犯罪を企てるべき、4人の犯人が(4話の物語があるので)試行錯誤してアリバイなどを考えて考えて考えて犯行に及んでいるのに、この八王子のゆるい刑事たちが適当すぎるのでそういうアンバランスな所も面白いと見るべきかしら?

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する