2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.10.05 (Fri)

「黒衣の女」 折原一



黒衣の女 折原一

「わたしを探してほしいのです」と女は探偵社の男に言った。記憶を失った彼女のアドレス帳には、見知らぬ三人の男の名前が記されていた。一見、無関係なこの男達が次々殺される。いずれも殺害の手口が似ており、現場付近では喪服姿の女が目撃されていた。いったい真犯人は誰か!?めくるめく折原ワールドの真骨頂。(BOOKデータベースより)

意外と面白かったですよ~(・∀・)

意外とね(笑)
折原さんに対してのわたしのハードルは低いので。
最後がやや「??」と思ったけど、それでもこの本は楽しめました。
仕掛けが凝りすぎた感じもあるけど、これはこれでアリかもな終わり方。
結構ラストは丁寧に教えてくれてましたし。

まぁ・・・「うそーーー!?」という殺害方法も1つありましたが。
山口芳宏さんを思い出したとだけ言っておきましょう・・・・
時代としては折原さんの方が先か。
むちゃくちゃな殺害方法、折原さんか山口さんかってくらいです(笑)

でもこのくらいだったら次読むのもそれほど苦労しないかも。
・・・なんて書いておくと、大体次に裏切られますが(^^;)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
16:51  |  折原一  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

なんだか、温度の低ーーーい感想が、妙にツボでした。
igaigaさんのレビューは、絶賛してても、そうじゃなくても、読んでみたくなるから不思議ですね。
読書に関して百戦錬磨の(?)igaigaさん。
そのigaigaさんが、自ら買う本って、考えてみたらすごく幸せな本ですよね。
有川浩さんの本は、まだ読んだ事がないのですが、
やはり読まねば!と、改めて思いました。(前記事で)
lime |  2012年10月05日(金) 17:56 |  URL |  【コメント編集】

●>limeさん。

低かったですか?(笑)
そっか~。
やっぱり出るんですかね。文章に(^^;)
まぁありのままということと、苦手作家さんということで温かい目で見ていただけると嬉しいです。

有川さんの本・・・まだ読んでないのですが、東川さんの本から読もうとしてます(笑)
igaiga |  2012年10月06日(土) 06:59 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/953-42f0c66f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |