2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.09.30 (Sun)

「彩雲国物語 想いは遥かなる茶都へ」 雪乃紗衣



彩雲国物語 想いは遥かなる茶都へ 雪乃紗衣

彩雲国の王様・紫劉輝の特別措置で、国試同期合格者の杜影月と二人一緒に、茶州州牧に任命された紅秀麗。けれど赴任先の茶州は今もっとも内政の荒れている土地で、彩七家の末席を占める地元の豪族・茶家と、王命を受けた州府の官吏たちが睨み合う一触即発の危険地帯なのだった。万が一の事態を避けて、隠密の長旅の末に茶州へ入った秀麗一行だったが、そんなにうまくコトが運ぶはずもなく…!?極彩色ファンタジー第4弾。(BOOKデータベースより)

ふむふむ。
角川文庫が3巻で終わってしまったので、角川ビーンズ文庫へ突入。
かりんトウさんからお借りしましたが、わたしが想像していた以上に冊数があってどうしようかと思ってます(笑)

でも、さすがライトノベル。1冊読み終わるのが早い(笑)
そしてライトノベル特有の挿絵つき。
挿絵って・・・微妙。
3巻まで挿絵なしで読んでいたのである程度イメージができていただけに、挿絵の劉輝を見て悲しくなりました(TωT)
イメージと違った
しかし、ルビがたくさん振ってありますので、ややこしい名前が多いこのシリーズ助かりました(笑)
ようやく、名前を記号ではなく、人名としてインプットできました。

ってことで、「秀麗、甘露茶買いまくる」の巻。
こういうファンタジーで「全国商業連合組合」なんて名前が登場すると笑っちゃいます。
略して「全商連」だそうで(爆)

そこは面白く読みましたが、イマイチ設定などは理解しきれてません。
というより、ちょっとしか理解してません。
これから残り20冊もあるので勉強していこうと思います(^^;)

相変わらずベタな展開になってますが、ベタ好きのわたしは結構楽しめるんじゃないかという気がしてます。
静蘭の最後のあの想いも「あーーそういうの前どっかの漫画であったよな~」と思うのですが、その漫画が思い出せません(涙)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
08:40  |  雪乃紗衣  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/949-aedaf8bc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |