2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.10.12 (Fri)

「倒錯の死角」 折原一



倒錯の死角 折原一

ベッドの上に白くすらりとした脚が見える。向かいのアパートの201号室に目が釘付けになった。怪しい欲望がどんよりと体を駆けめぐる。あちら側からは見えないはずだ-屋根裏部屋から覗く男と覗かれる女の妄想がエスカレートし、やがて悪夢のような惨劇が。折原ワールドの原点ともいうべき傑作長編。(BOOKデータベースより)

あぁ・・・ずっと勘違いして別の本(倒錯のロンド)を読メに貼ってました(爆)
そうか・・・こっちだったよ~。
この画像は「講談社」でしたが実際読んだのが「東京創元社」だったのも勘違いの一つ。
読む順番間違ったかしら?
まぁいっか。
読んでしまったものは仕方がない(笑)
ってことでですね~、この本は結構面白かったです。

元々昔(といっては失礼か)の本なのでトリックは新鮮味なものがないところが残念ですが
でも楽しめました(・∀・)

こうして読んでいると結構のぞかれているのねぇ~。
気を付けないといけないか?
どこでのぞかれているか分からないのよ~。
怖い怖い・゚・(ノД`;)・゚・
しかし、この本に登場する人はどれもこれも気持ち悪い人ばかり(--;)
そして、勤め先の上司と不倫って・・・
ほんとーーーーーーーーーーに90年代そのまんまっ!!(笑)

しかし、レオタード着て窓開けて踊っているのはどうかと思うぞ(^^;)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
08:57  |  折原一  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/947-3f6c8291

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |