igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ペテロの葬列」 宮部みゆき



546回続いた新聞小説、宮部みゆきさんの「ペテロの葬列」が本日無事最終回を迎えました。
これって「誰か」「名もなき毒」に続く、杉村三郎シリーズ第三弾なワケですが、
どうも宮部さんいわく、「杉村三郎が私立探偵となるまでのシリーズ最終作」だそうで。

そういう意味で私立探偵になるまではいいんだけど、
ってことはこのシリーズ続くわけ!?

結構・・・地味なシリーズだと思うんだけど(^-^;)

基本的に杉村三郎その人が地味というか、個性がないというか・・・

この話は546回も続いただけあってなかなか長かったです。
ダンナが途中で飽きてしまいました(^^;)

とりあえず、杉村三郎が乗ったバスがハイジャックされちゃって、
そこから悪徳商法に話が進む。
いったいどこへ行こうとしているのか。
そんな中で、あっちでもトラブル、こっちでもトラブルが起きて
挙句に・・・

ってことです。
もう少ししたら本になると思いますので一気読みするとまた違う気持ちになるかもしれません。
546回・・・1年以上もお付き合いしてたんだな~と。

明日からは新野剛志さんの小説がスタートします。
この作家さん、今まで読んだことなかったから楽しみ(〃∇〃)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
結構・・・地味なシリーズだと思うんだけど(^-^;)
igaigaさんの慈愛の精神を見た気がしました。これ、話には聞いていましたが、まさか一年以上も続いていたとは……。新聞社もまた思い切った連載期間を任せましたね。
[ 2012/09/24 01:40 ] [ 編集 ]
>Medeskiさん。
そうなの~。
慈愛に満ちているのよっ!(爆)

Medesukiさんも噂できいてました??
新聞によってはまだ連載中ですし、終わっているところはとっくに終わっているかもしれません。
しかし、終わってみると546回・・・
いったい本になるころにはどんな厚さになっているのか・・・

それだけが気がかりです(・ω・)
[ 2012/09/24 07:06 ] [ 編集 ]
名もなき毒の杉村三郎が気になって調べててたどり着きました。
ペテロと同一人物だったんですね。
ペテロのほうは毎日読んでましたが、杉村さんの行動にイラッとすること頻回。
そのお金、ふつーに警察に届けてたらよかったんじゃね?
事件性がなけりゃもらえるでしょ。
あれこれ調べて、何発掘してくれてんじゃ!ってイライライラ・・・。
コトをかえってややこしくするから、あの人私立探偵には向いてないと思う。
小泉孝太郎かぁ・・・スマートすぎない?
[ 2013/08/12 03:41 ] [ 編集 ]
>地方紙見てました。さん。
たどり着いてくださってありがとうございます(´∀`)
ついでに言うと「誰か」もこのシリーズです。
しかし・・・宮部さんのシリーズものの中で地味だよなというのが印象です。
ぱっとしない男、杉村三郎(^^;)
小泉孝太郎さんですよねー。
ちょっとスマートな感じがします。
でも、お金持ちのお嬢様に見初められるには顔も大事なのかなと思ったり。
ややこしくしてますよね。
いろいろと。
結構長かったので、書籍化されるころにはどんな厚さになるんだろう?と興味あります(^^)
[ 2013/08/12 08:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する