igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「腕貫探偵」 西澤保彦



腕貫探偵 西澤保彦

殺人?詐欺?行方不明?悩める市民の相談事を解決するのは腕貫をはめた出張所の職員。ユーモア溢れる痛快ミステリー連作短編集。(BOOKデータベースより)

【目次】
腕貫探偵登場/恋よりほかに死するものなし/化かし合い、愛し合い/喪失の扉/すべてひとりで死ぬ女/スクランブル・カンパニィ/明日を覗く窓


他の人のレビューを見ると、あまりいい反応でもないですが、わたしは結構好きでした。
いかにもお役所仕事の「市民サーヴィス課出張所」とのことですが、
最初、本当に型通りのお役所仕事っぽいなと思っていたんだけど、
結構堅実で、しっかり話を聞き、そしてポイントを外さない。
で、出しゃばる事もなく読んでて気持ちすらよくなってくる。

あとの始末は当事者がするものだよ。

という、温かな目で見守っていてくれるんじゃないかという気すらする(笑)
かなり大げさに書いたけど(爆)
でも、そんな感じだったな~。

ラストもほのぼのとした終わり方で何より。
続編もそのうち読んでみたいと思います。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する