igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「フィッシュストーリー」 伊坂幸太郎



フィッシュストーリー 伊坂幸太郎

「なあ、この曲はちゃんと誰かに届いてるのかよ?」売れないロックバンドが最後のレコーディングで叫んだ声が時空を越えて奇蹟を起こす。デビュー第一短編から最新書き下ろし(150枚!)まで、小気味よい会話と伏線の妙が冴える伊坂ワールドの饗宴。(BOOKデータベースより)

【目次】
動物園のエンジン/サクリファイス/フィッシュストーリー/ポテチ


黒澤さんに会いたくて図書館で借りましたシリーズ(?)第2弾ですが、
これは1冊を通してつながるというよりも、それぞれ独立しているお話でしたね。
読み返してみて初めて気づきましたが、ワタクシ一押しの黒澤さんはサクリファイスとポテチに登場してました。
ラッシュライフを読んで間もないせいか、河原崎とか、いわくありげな老夫婦が登場すると、ラッシュライフの登場人物かな~?と思います。
黒澤さんは相変わらずいい男だ~(〃∇〃)
泥棒が本職で探偵が副職だそうです(笑)

でも、やっぱり一番好きなのは表題作のフィッシュストーリーです。
音楽は時代を超えるね。
その売れないバンドの最後の曲、その思いが30年後まで伝わるっていうのは
読んでてとても気持ちのいいものです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
これも、ずいぶん前に読んで、細部は忘れてしまったんだけど、伊坂さんらしいひねりのある物語ばかりだなあと感じました。
黒沢さん、大活躍でしたね。

ポテチは、ちょっと前に映画になったんじゃなかったでしたっけ。黒沢さんは、誰がやったのかな^^
(でも、考えたら、伊坂さんの作品で映画化されてないほうが少ないですよね)
[ 2012/09/22 17:02 ] [ 編集 ]
>limeさん。
ポテチ映画になりましたよね。
伊坂さん原作でポテチという映画があるのは分かってましたが、フィッシュストーリーの中の作品でしたか。
そうかそうか。
納得しました(^^)
とっても面白かったです。
黒澤さん、ドライなところもいいですね~。
[ 2012/09/23 22:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する