igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ユリゴコロ」 沼田まほかる



ユリゴコロ 沼田まほかる

暗黒の欲望にとり憑かれ、さまよう魂。運命は、たったひとつの愛と出会わせた。沼田まほかるの小説は、身も心もからめとるー。おそるべき筆力で描ききった衝撃の恋愛ミステリー。(BOOKデータベースより)

なんでしょう。この読後感の良さは!∑( ̄□ ̄ノ)ノ

いや、ちゃんと読めばそれほど読後感は良くないかもしれない(笑)
しかし、今までまほかるさんの本を3冊読んできたのですが、
まぁどれもこれも、キモかったり薄気味悪かったりしていたのです。
なもんで、今回の「ユリゴコロ」わたし、結構好き(・∀・)

亮介が「謎の手記」を見つけるワケですが、ずーっと手記だけで終わるのかなと思っていたら、
その間にもちゃんと現実の世界が存在して、「手記を読みたい」と実生活が手につかない亮介。
そしてわたし(。・ω・。)
手記の続き知りたいーーー!!
と、そわそわして結局その日のうちに読んでしまいました。

このお父さん、かなり相当いい人。
本当に根っからの善人なんだろうな~。
途中でいろいろあったはずなんだけど、
それを乗り越えての今の状態。

千絵を思う亮介がとった行動はイマイチ生ぬるく、中途半端な個所だった気もするけど、
それでも、それ以外の箇所でこの甘っちょろい行動はしっかりカバーされてます(上から目線?)

これで、今回の本屋大賞ノミネート作品は残り2冊か~。
ここまで来たら全部読んでみたいな(残り2冊だけど)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
私もまほかるさんはこれが一番好き。
初めて読んで衝撃をうけたのおぼえてます。
この作家さんに出会えてよかったな~って思いました。
[ 2012/09/03 17:01 ] [ 編集 ]
残り2冊も、
ぜひぜひ。

ポチッe-390
[ 2012/09/03 22:10 ] [ 編集 ]
>HappyFlowerPopさん。
この本を最初に読みたかったかも~。
キモいのやら気持ち悪いのばかり先に読んでいたのでイマイチ手が伸びず。
あーーー。こんなに面白かったらもっと早く読めばよかったとプチ後悔ですが、それでも読んで楽しかったのでよかったです(^^)
[ 2012/09/04 06:34 ] [ 編集 ]
>1okuさん。
コメントありがとうございます(^^)
うち1冊は手元にあるのですが、
残りの1冊・・・「舟を編む」いつになったら借りれるんだろう??
っていうか、買う選択肢を全く考えてないのです(^^;)
[ 2012/09/04 06:35 ] [ 編集 ]
この本、新聞広告に最初に載った時から気になってるんですが、いろんなレビューを読むと、意見が真っ二つに分かれてるのですよね。
読後感の良しあしで。
いまだに躊躇しています(長)
でも、igaigaさんのレビューで、やはり自分はどっちなのかを確かめたくなりました。
おっかなびっくりで、いつか読みます!
[ 2012/09/04 07:58 ] [ 編集 ]
>limeさん。
今まで読んだのがあまりにも気持ち悪かったり後味が悪かったりしたもので、それの後だっただけにとても爽やかになりました(笑)

おっかなビックリで読んでみてください(^^)ノ
割とサクサク読めるし、「うげぇ~」というシーンが少ない(と思う)ですので早く読めると思います(^^)
[ 2012/09/04 08:40 ] [ 編集 ]
読んでみてどうしてもひとつ気になる事が残ってます。
2人目のお母さんの死因…てか、事故の原因です。
最後まで読んで「あれ?事故の解明とか無いの?あれ本当に事故だったの?」と……。
私てっきりただの事故ではないと思ってたので。
だって死の前のお母さんのキョドった態度とか、亮介の同僚の写真を見て実は自分のお姉さんが○×でホッとしたとか、あのくだりもちょっとスッキリしなかったんですよね〜。
[ 2013/03/08 06:16 ] [ 編集 ]
>なおさん。
あ・・・
忘れてる(。・ω・。)ゞ

なんだったんだろう???
でも、読後感のよさを思うと私の中ではそれほど重要なことでは
なかったのか・・・?(笑)
結構キモい話が多い作者さんだったので少し救われた感じがしたんですよね(^^)
[ 2013/03/08 08:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する