2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.08.30 (Thu)

「I LOVE YOU」 アンソロジー



ILOVEYOU 伊坂幸太郎石田衣良、他

恋愛には未知の物語がある。初めて恋心を意識したとき、幼なじみに異性を見出したとき、彼女とのあいだに微妙な心の距離を感じたとき、初恋の同級生と再会を果たしたとき、彼女と恋愛のルールを決めたとき、そして連れ添った相手との別れを予感したとき…さまざまな断片から生まれるストーリーを、注目の男性作家陣が紡ぐ、奇蹟の恋愛アンソロジー。(BOOKデータベースより)

【目次】
透明ポーラーベア(伊坂幸太郎)/魔法のボタン(石田衣良)/卒業写真(市川拓司)/百瀬、こっちを向いて(中田永一)/突き抜けろ(中村航)/Sidewalk Talk(本多孝好


だはは(笑)
恋愛アンソロジーなんていうとても私のキャラじゃない本を読んでしまいました(笑)

伊坂さん目当てで借りてきましたが、どの作品も本当に面白かったです。
男性の描く恋愛小説だから純愛が多く、胸キュンです(笑)

【透明ポーラーベア】伊坂幸太郎
やっぱりどこか淡々とした伊坂スタイル。
伊坂さんの恋愛モノってどうなの?と気になりましたが、しかし、姉。
あなたアホでしょ?
相当アホでしょ?

【魔法のボタン】石田衣良
とりあえず、幼馴染って恋い焦がれる(爆)
最初は、軟弱男か?と思ったんだけど案外押しもあるか。
実際の幼馴染がどれだけが恋愛モードになるかは分からないけど、
この話は良かった~(〃ω〃)

【卒業写真】市川拓司
なんか、その登場人物になった気がして照れ照れして読んでしまいました(笑)←バカ
渡辺・・・かなり頑張ったんだろうな。
しかし、凄いシチュエーションだ。
ある意味長期戦。
でも、自分が当事者だったら嬉しい(〃ω〃)

【百瀬、こっちを向いて】中田永一
イケてないというか、地味な男の子の恋愛書かせたら日本一か?この方。
自分を「レベル2」と卑下する見ていて痛々しい男の子。
演技とはいえ、彼氏彼女になることで今までの世界が大きく変わる。
その後の男の子の成長も見れてかなり好きな作品。

【突き抜けろ】中村航
2人の恋愛より、バカ3人が集まって・・・という感じか。
いつもキッチリ決めた電話当番とデートの約束。
それを木戸は理解できない。
まぁどうなんだろう?わたしはこうして決めている方がいろいろと安心できますが(^^;)
人それぞれってことで。

【Sidewalk talk】本多孝好
これは、むちゃくちゃやりきれない~・゚・(ノД`;)・゚・
もっと何とかできたはず。
何とかなりそうなくらいなんだけどな。
ほんと、このままで終わってしまってほしくない2人です。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
06:58  |  アンソロジー  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●http://ameblo.jp/sayu04-dokusho

初めまして★
いつも楽しくブログを拝見させて頂いています。。
私もこの本読んだのですが、『百瀬、こっちを向いて』が一番好きです!!!終わり方が可愛らしくてすごくよかったです(笑)『Sidewalk talk』は泣けました・・・。確かに「何で・・・?」という感じで納得のいかなかった切ないお話しです。涙

さゆ |  2012年08月30日(木) 16:22 |  URL |  【コメント編集】

●>さゆさん。

こんにちは~。
コメントありがとうございます(〃ω〃)
「百瀬、こっちを向いて」良かったですよね~。
胸キュンですよっ!!(爆)
この作家さんの中で結構作品を読んでいるのが伊坂さんと本多さんだったので、本多さんの作品を読んでうるうるしそうになりました。
読んで心が綺麗になった気がしました(妄想)
これからもたまに遊びに来ていただけると嬉しいです(^^)v
igaiga |  2012年08月30日(木) 16:47 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/911-0378d63b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |