igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「異邦の騎士(改訂完全版)」 島田荘司



異邦の騎士 島田荘司

失われた過去の記憶が浮かびあがり男は戦慄する。自分は本当に愛する妻子を殺したのか。やっと手にした幸せな生活にしのび寄る新たな魔の手。名探偵御手洗潔の最初の事件を描いた傑作ミステリ『異邦の騎士』に著者が精魂こめて全面加筆修整した改訂完全版。幾多の歳月を越え、いま異邦の扉が再び開かれる(BOOKデータベースより)

これは・・・面白い!

本当に頭脳戦だな~。
御手洗がとてもとてもいい人でしたね(^^;)
まだ御手洗シリーズに手を付けたばかりなので彼の人となりがよくわかりませんが、
この作品に関してはムチャクチャいい人(笑)

雰囲気としては、東野圭吾さんの悪意を思い出しまして、
島田さんの「異邦の騎士」が先に書かれているんだけど、
読んだのが悪意が先だった。
悪意を思い出したけど、悪意とは全く違う作風ですので誤解なきよう。
ただ、頭脳戦なんだよな~。

連続殺人モノも好きだけど、こういう頭脳戦もたまに読むとしびれます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ      
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する