igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「麒麟の翼」 東野圭吾



麒麟の翼 東野圭吾

寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺さったナイフだった。大都会の真ん中で発生した事件の真相に、加賀恭一郎が挑む(BOOKデータベースより)

大嫌いな加賀が登場する大好きな加賀シリーズです。

東野さんって映像化になると映像化のイメージを守ろうとするのか。
加賀の容姿、「彫の深い顔」を連呼。
わたしのイメージは阿部さんじゃないんだけどな~。
まぁ福山を聞く内海薫よりはマシか・・・(内海も嫌い)

最近の加賀シリーズは「家族の絆」みたいなパターンになってきたような。
松宮くんが登場するときだけかな。
個人的には以前の加賀シリーズの方が好きだったけどな~。
「眠りの森」とか「悪意」とか。
でもこの時代からすでに加賀嫌いは進んでいるので
「眠りの森」に関してはひねくれた感じの「好き」です(笑)


今回の話に関しては面白いんだけど、ややこじつけ感が・・・
千羽鶴の話も感動というより、ビックリした。
「はい??(・Д・)」と。

相変わらず、父親のことではしこりがあるのか読んでて苛々します。
「だーから嫌いなんだ!」
と、今回もそう思いました(笑)

彼を好きになることは今回もありませんでした(^-^;)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    
ランキング参加中です。よろしければクリックお願いします(。・ω・)ノ゙ 凸
関連記事
主人公が嫌いなのに、大好きなシリーズなのですか!そういうことも、あるのですね・・・。

このシリーズも加賀さんも、知らないのですが、こんなに映像化されるのだから、さぞやファンの多い人気キャラなのだとばかり・・・。
加賀さんが、そういう嫌われキャラなのか、それともigaigaさんが、特殊なのか。
本編よりも気になるところです。

宣伝が派手だったので、いつか映画を見ようと思ってるのですが、作品的にはおもしろいですか?
[ 2012/08/08 07:56 ] [ 編集 ]
>limeさん。
本文にも書きましたら「悪意」が大好きで。
すっかり騙されたんですよ~。わたしこの本で。
基本的にコロっと騙されると感動するタイプで(笑)
なので加賀シリーズは好きなのです。
しかし、加賀が大嫌いで(笑)
そういう感じです。

加賀さんは嫌われキャラじゃないのです。多分。
わたしが大嫌いなだけです(爆)

鼻もちならないヤツです。
読んでみてください( ̄ω ̄*)
[ 2012/08/08 09:13 ] [ 編集 ]
加賀恭一郎シリーズ
と言うか、東野圭吾を読んだ事の無かった(こんなに有名作家なのに)私は「そろそろ東野圭吾デビューすっかな」と図書館にリクエストを入れたのがこの本です。
単にタイトルだけで東野圭吾デビューはこの本にすると思ったのですが調べてみたらなんとシリーズ物!
私、シリーズ物は最初から順番に読まないと気が済まないタイプなので慌てて前のシリーズをリクエストした覚えがあります。(笑)

私はそこまで加賀さんの事嫌ってませんが(笑)この本の舞台が馴染みのある場所なので読んでてとても楽しかったです。
[ 2012/08/13 02:14 ] [ 編集 ]
>なおさん。
「悪意」が大好きなんですが、
コロっと騙されたわたしに腹が立つのと同じくらい油断ならない加賀刑事が嫌いです(笑)
今、「真夏の方程式」を読んでますが、そういう意味では油断ありそうな草薙刑事のほうがすきーーー(笑)
ところで、前のシリーズというとどこから読みました??
[ 2012/08/13 06:52 ] [ 編集 ]
前シリーズ
もちろん最初から順番に『麒麟の翼』に行き着くまでの1~8シリーズを全部読みました。
幸い(?)麒麟のリクエストは凄い待ち期間があったので充分に読めたのですが『悪意』……どんな話でしたっけ?(苦笑)

私は好み的に『赤い指』が好きです。
[ 2012/08/13 13:20 ] [ 編集 ]
>なおさん。
遅くなりました~!

「悪意」は小説家になるはずだった(?)先生と加賀との一騎打ちですね。
他には小説家だった日高とか登場してました。
まぁ日高さんは最初から死んでましたが。
加賀刑事も学生から成長してますよね~。
[ 2012/08/16 15:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する