igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「幽女の如き怨むもの」 三津田信三



幽女の如き怨むもの 三津田信三

戦前、戦中、戦後にわたる三軒の遊郭で起きた、三人の花魁が絡む不可解な連続身投げ事件。誰もいないはずの三階から聞こえる足音、窓から逆さまに部屋をのぞき込む何か…。大人気の刀城言耶シリーズ最新書き下ろし長編(BOOKデータベースより)

面白いけど長いです(;´Д`)

今回、刀城さんったら最後にしか出てこないの(笑)
おいおい。主役なのに。

しかし・・・遊郭・・・強烈だ(TωT)
当時、お金がなくて売られていく13~14歳の女の子。
遊郭がどんなところかも分からず、期待を持って行くがあっという間に裏切られ・・・

怖い世界かも。

今回は連続どんでん返しどころかどんでん返しそのものがなかったので、
ホッとしたような物足りないような(わがまま)
当時の衛生面なども考えると病気になる人も多いんだろうな。
そう思いましたが、「天から干し」
桜子、魂消るのも分かります。
読んでて私も魂消ました(^^;)
月影姐さんを流産させる方法にしろ、昔はいろいろと強烈だったな。
怖い時代だったな。

刀城さんの活躍がほとんどなかったので、「遊郭物語」として読んだ気がした1冊でした。
ただ、最後の謎解きは面白かったな~。
どんでん返しがない分、じっくりと堪能できました。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
これ表紙絵めっちゃこわいんですけどv-12
怖い系じゃないのかな・・・
面白そうですね。
三津田さん読んだ事無いんで、これ初挑戦してみようかな。
シリーズものですか?さっそくチェックしに行ってきます。
[ 2012/07/17 12:19 ] [ 編集 ]
>HappyFlowerPopさん。
怖い系じゃないんですよ~。
一応本格ミステリー。
時代が昭和の戦後・・・?くらいで(何しろジーンズに驚くような人たちがいる)民俗系な感じです。
おどろおどろしいシーンも多いですが(三津田さんなので ^^;)結構好きなシリーズです。
シリーズの最初は「厭魅の如き憑くもの」です。
よろしかったら是非(´∀`)

[ 2012/07/17 14:36 ] [ 編集 ]
『幽女の如き~』までの道のりが・・・。
刀城言耶シリーズは『山魔の如き~』で止まっているので早く『密室の如き~』を買わないと(´▽`)

このシリーズは、どんでん返しのどんでん返し(そのまたどんでん返し!)が代名詞みたいなものだったから、普通に終わるのが想像できません(`^´)
[ 2012/07/17 21:42 ] [ 編集 ]
>すすさん。
そうでしょ~(笑)
なので、私も最後の4章を読みながら
「くるか?くるか??」と思っていたんですけどね(笑)
裏の裏をかかれた感じです(笑)
このシリーズなぜか1品だけ読んでないのです。
凶鳥でしたっけ?それだけなぜか図書館にないんですよね~。
[ 2012/07/18 08:32 ] [ 編集 ]
面白そうだな~。
読みたいけど長いんですか?
何ページくらい?
今時間的に長い本を読んでる余裕が………でも面白そう。
戦前・戦中・戦後あたりの時代背景好きなんです。

シリーズ物だそうですがこの本だけ読んでも問題ありませんか?
[ 2012/07/18 17:53 ] [ 編集 ]
>なおさん。
私はシリーズ最初から読んでいるのですが、
(1冊だけ読んでませんが)
気にしないと大丈夫かも。
っていうか、これは主役があまり登場しないのでこればかりでも大丈夫かも。
大体戦後の昭和30年くらい・・かな?
Gパンをジロジロとみられる時代です(笑)
なので読んでみてください~(´∀`)
[ 2012/07/19 08:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する