2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.06.19 (Tue)

「ごめん」 原田マハ



ごめん 原田マハ

範子-偶然目にした詩が、自分たちを捨てた父親の記憶を呼び起こした。陽菜子-意識不明の夫の口座に毎月お金を振りこみ続けていた人物と、ついに対面を。咲子-不倫と新たな恋。病気を告知され、自分の願いがはっきりわかる。麻理子-行方不明の親友と暮らしていたNYのアパートを、7年ぶりに訪れて。-その瞬間、4人の女性は何を決意したのか?『カフーを待ちわびて』から2年。日本ラブストーリー大賞作家が、揺れ動く女性たちを描いた感動小説集(BOOKデータベースより)

【目次】
天国の蝿/ごめん/夏を喪くす/最後の晩餐



えーーっと、はじめましての作家さんです。
タイトルの

ごめんっ!!」

というストレートな響きに心奪われ(爆)、
借りたはいいけれど、それほどストレートな内容でもなかったかな。

若くもなく、老けてもいない、まぁいうなればわたしの年齢のような女性が
登場してました。
結構好きなのは「天国の蠅」
何と言いますか・・・ほかの作品に比べてリアルさを感じたというか・・・
ほかの作品が結構綺麗なのよね。
綺麗ってほど綺麗でもないんだけど(どっちだ)
なんかリアルで身近にありそうなのって
詐欺師父の借金問題・・・

・・・??

かな?(´・ω・`)

冷静に思うと違うかもしれないけど(笑)
借金作って消えたり、娘のバイト代を盗ろうとする汚い感覚っていうのが
結構好きでした。

他はね~綺麗すぎるというか、執着心がない人たちばかりな所にやや違和感。
奔放といえば奔放な女性たちにちょっと同調できませんでした。

青柳くんのキャラはいいですね(^^)
大変でしょうがこの先も前向きに生きていただきたい。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ      
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
09:35  |  原田マハ  |  トラックバック(1)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

リンクしたいのですが、よろしいでしょうか?
問題があるようならすぐに消します。
西由記 |  2012年06月19日(火) 21:12 |  URL |  【コメント編集】

●>西由紀さん。

リンクの件ありがとうございます。
ぜーーんぜん問題ないですよ~(´∀`)
こちらからもよろしくお願いします。
igaiga |  2012年06月20日(水) 08:20 |  URL |  【コメント編集】

馬鹿みたいに長いブログタイトルで申し訳ありません。今後ともよろしくお願いします。
西由記 |  2012年06月20日(水) 20:38 |  URL |  【コメント編集】

●>西由記さん。

いえいえ。
こちらこそよろしくお願いします(^^)
西由記さんの「記」はごんべんの「記」でしたね。
失礼しました。
igaiga |  2012年06月20日(水) 21:54 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/862-d20f33f7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【「ごめん」 原田マハ】

ごめん 原田マハ範子-偶然目にした詩が、自分たちを捨てた父親の記憶を呼び起こした。陽菜子-意識不明の夫の口座に毎月お金を振りこみ続けていた人物と、ついに対面を。咲子-不倫と新たな恋。病気を告知され、自分の願いがはっきりわかる。麻理子-行方不明の親友と暮らし...
2012/06/20(水) 21:03:48 | まとめwoネタ速neo

▲PageTop

 | BLOGTOP |