igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「九つの、物語」 橋本紡



九つの、物語 橋本紡

大学生のゆきなの前に、長く会っていなかった兄がいきなり現れた。女性と料理と本を愛し、奔放に振舞う兄に惑わされつつ、ゆきなは日常として受け入れていく。いつまでもいつまでも幸せな日々が続くと思えたが…。ゆきなはやがて、兄が長く不在だった理由を思い出す。人生は痛みと喪失に満ちていた。生きるとは、なんと愚かで、なんと尊いのか。そのことを丁寧に描いた、やさしく強い物語。(BOOKデータベースより)

【目次】
縷紅新草/待つ/蒲団/あぢさゐ/ノラや/山椒魚(改変前)/山椒魚(改変後)/わかれ道/コネティカットのひょこひょこおじさん/「藤村禎文の料理教室へようこそ」


お・・・お兄ちゃんがほしいっ!!

そんな1冊。
これはね~、世の中の「お兄ちゃん」への憧れすべてが入っております。
イケメンで、料理上手で妹思い。
これ以上求めるものがないってくらい最高のお兄ちゃんです。
料理もどれも手間がかかってて美味しそうだし。

でもでもね。

お兄ちゃんは確か2年前に死んでなかった??(。・ω・。)

ふと「ゆきな」は思うのですが、お兄ちゃんには体温があるし、料理も美味しい。
不思議に思いながらその生活を受け入れていく・・・

そしてその中に9つの「近代文学」がリンクしていっているんだけど、ワタクシ相変わらず

1話も読んでません(T∀T)

「山椒魚」が読みたい。
とっても読みたい。
どうやら、井伏鱒二が直したとか。
全然話が違うって本にあったけど。

そういう近代文学を並べていくあたりが、ビブリア栞子さん(省略しすぎ?)を思い出しました。
個人的には香月くんより紺野くんの方がいいんですけどね。
んーー。お兄ちゃんは香月くんと・・・ってことだったのか。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
え?お兄ちゃんは、もう亡くなっていたんですか?
と、そこが気になって仕方がないです。

お兄ちゃんかあ。それは、くすぐられるテーマですね。
私にも、大好きなお兄ちゃんがいました。
(あ、今も居ますがw)

この橋本紡さんって、「半分の月がのぼる空」の方ですよね。
あれは映画を見ました。いや、その前に、
撮影場所が近かったので、エキストラにも参加しました。
だから、映画を見る前に、物語の最大のトリックを、知ってしまう羽目になったんですが(笑)

彼の描く作品は、読後感がいいですよね。
[ 2012/06/02 10:13 ] [ 編集 ]
>limeさん。
続きは是非本で(笑)

ってことなのですけれど、しょっぱなから
「お兄ちゃん、確か死んだんじゃ・・・」
と、なっているのですが普通にご飯作ってくれるし、なんとなく「なぁなぁ」で時間は過ぎ去る・・・わけもなく。
こう、いろいろと物語が進んでます(^^)

橋本さん初めましての作家さんでしたが、「半分の月がのぼる空」の方みたいです(調べた)

エキストラしました??
いいな~そういうの一度やってみたいんですよね(^^)
[ 2012/06/02 14:17 ] [ 編集 ]
はじめまして。(…ですよね。というのはブログ村でこの本、気になるなぁと思ってポチッとするとigaigaさんのブログというのが多々あるので初めてのような気がしないのです。よくお邪魔させて頂いております。以後お見知りおきを。よろしくお願いします。でもコメントははじめて?するんですよね。違ったかなぁ・・・)

橋本紡さん、いいですよねぇ。
igaigaさん、お初でしたか。
この本が気に入ったのでしたら「綾乃ちゃんのお告げ」「葉桜」もいいですよ~。
私はお初が「綾乃ちゃん~」だったのですがこの本で感動し「葉桜」であなたについていきますっていうくらい大好きになってしまいました。

私も近代文学は苦手なのでココに出てくる本、どれも未読(汗)
[ 2012/06/02 15:41 ] [ 編集 ]
>ふっくらしこさん。
こんにちは。コメントありがとうございます(´∀`)
多分・・・はじめまして・・・かな??
わたしもちょっと抜けているところがあるので自信ないですが(^^;)

はじめましての作家さんでしたが、ぐいぐいと惹きつけられましたね(^^)
お兄ちゃん・・・(〃∀〃)
憧れのシチュエーションがそろってました。
他の本も沢山出ていたのですね。
知らなかった。どんどん読んでいこうと思います(^^)
[ 2012/06/02 16:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

まとめtyaiました【「九つの、物語」 橋本紡】
九つの、物語 橋本紡大学生のゆきなの前に、長く会っていなかった兄がいきなり現れた。女性と料理と本を愛し、奔放に振舞う兄に惑わされつつ、ゆきなは日常として受け入れていく。いつまでもいつまでも幸せな日々が続くと思えたが…。ゆきなはやがて、兄が長く不在だった...
[2012/06/03 01:55] まとめwoネタ速neo