igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「百蛇堂」 三津田信三



百蛇堂 三津田信三

作家・三津田信三に託された実話怪談の原稿。読んだ者には忌わしいあれが現れて…忽然と姿を消す。不可能状況で頻発する児童連続失踪事件と「あの原稿は世に出してはいけない」という龍巳の言葉は何を意味するのか?葬り去られるべきものが世に出たことで謎と怪異が続発!そしてラストに待つ衝撃の結末。(BOOKデータベースより)

こ・こ・こ・・怖かった(;Д;)

「ラストに待つ衝撃の結末」(BOOKデータベース)

衝撃過ぎる(((°□°;;))))

ホラー苦手なんですってば(^^;)
怖かったよ~。

厚い本ながらも、のっけから心を鷲づかみにされあっという間に読みましたが・・・
しょっぱなから怖かったもん~(;´Д`)

王道というかそんな感じながらも、映像化したら怖くて見れないと思うし。
ラストは、「殺人鬼フジコ」形式とでも言いましょうか。

殺人鬼フジコは「あとがき」までが物語でしたが、
こちらの作品は「蛇足」まで物語です。

うぅ・・・とにかく怖かったです。
しばらくホラーは読まなくていい(笑)

でも、「蛇棺葬」でずっと気になっていた砂川くんのその後が書かれていたのでそこはスッキリ。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
コメントがそそる!
おぉっ!!何て面白そうなんだっ(`^´)!

怖いものにはある程度免疫がありそう(勝手な想像)なigaigaさんをそんなに怯えさせるとは。

さっそく図書館に予約だ!!
[ 2012/05/26 19:26 ] [ 編集 ]
>すすさん。
ホラー苦手なんですよ~。
怖くて(笑)
なので、作家さんからしたらとてもステキ~にみえる読者だと思います。
きっと予想どおりのリアクションをしそうです(笑)


> さっそく図書館に予約だ!!

してください。
でも、「蛇棺葬」の後日談みたいになっているので、先にそちらを読んでいただけると更に楽しめると思います(^^)
[ 2012/05/27 21:11 ] [ 編集 ]
読みたい!
そんなに怖いなんて興味津々ですよ。
図書館にあるかなぁ?
[ 2012/05/30 16:27 ] [ 編集 ]
はじめまして。
偶然、同著作の『幽女の如き~』を読了したばかりなのでコメントしちゃいました。

『百蛇堂』怖いですよね(>_<)
あと『赫眼』も同じくらい怖かったです・・

突然、失礼致しました。


[ 2012/05/30 16:34 ] [ 編集 ]
>ちゃっぴさん。
わたし図書館から借りましたよ~。
「蛇棺葬」の後日みたいな話になってます。
この「百蛇堂」1冊だけでも面白く(怖く)読めますが、2冊読むと怖さが増します(TдT)
[ 2012/05/31 08:41 ] [ 編集 ]
>わかこさん。
いらっしゃいませ~♪
ありがとうございます。

刀城シリーズいいですよね。
私1冊だけ未読なのあるんですけど。
鳥がタイトルにつくのだけ図書館にないのかな?

新しいのも出たようなので読みたいです(^^)

赫眼 怖いですか( ̄▽ ̄;)
読みたいような読みたくないような(笑)

これからもよろしくお願いします。
[ 2012/05/31 08:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

まとめtyaiました【「百蛇堂」 三津田信三】
百蛇堂 三津田信三作家・三津田信三に託された実話怪談の原稿。読んだ者には忌わしいあれが現れて…忽然と姿を消す。不可能状況で頻発する児童連続失踪事件と「あの原稿は世に出してはいけない」という龍巳の言葉は何を意味するのか?葬り去られるべきものが世に出たこと?...
[2012/05/26 07:41] まとめwoネタ速neo