2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.05.09 (Wed)

「真夏の島に咲く花は」 垣根涼介



真夏の島に咲く花は 垣根涼介

この島には、今までの人生で知らなかったものが、絶対にある-。2000年のフィジークーデターで人種の違う四人の若者は、何を見つけたのか。日本から両親と移住してきた良昭、ガソリンスタンドで働くフィジアン・チョネ、父のお土産物屋を手伝うインド人・サティー、ワーキング・ビザでフィジーに来た茜。「地上の楽園」を探し始めた男女の青春群像。(BOOKデータベースより)

チョネが可哀想だった(・ω・)

自分の意思とは違う方向へ行き、結果としてはサイアクな形になったわけだけど、うーーーん。もう少しなんとかならないものか。

・・・ならないんだろうけど。

フィジーという場所もロクに分からない私は読み終わった後、いろいろと調べました。
なんで、インド人がいるんだろうと思ったら、フムフム・・・そういうわけか(Wikiで調べた)

なんか、こう外国が舞台の話なんだけど、人の心っていろいろだなと。
フィジーの人ってみんなこんな感じなのかな??
だとしたらヨシじゃないけれど、疲れるかも(^-^;)
とても素直で心は子どものまま大人になってしまい、他の民族、インド人からするとそういうフィジー人を「怠け者」という。
逆にフィジー人はインド人を「勝手にフィジーに侵入してお金を稼ぐ」となる。

難しいよね~。

恋愛もややこしい四角関係になってましたが、個人的にはチョネと話す真奈美が面白かった。
チョネを「隕石岩石」って・・・(笑)
そして、フィジー人を従業員として雇うヨシの気持ちがなんか手に取るように分かるっていうか・・・
「大変だな~。自分だったらキレるな~」
・・・などなど、心の底から同情しちゃいました(^^;)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
06:52  |  垣根涼介  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

垣根作品はワイルド!・・ところで、不快なコメントのためにブログの継続が妨げられるという話をよく見聞きします。不快に思われることがありましたらご容赦ください
nao |  2012年05月09日(水) 08:41 |  URL |  【コメント編集】

●>naoさん。

いえいえ。不快なコメントはもっとありますのでどうぞお気になさらずこれからもどんどんとくださいね(^^) >フォローになっているのか?(笑)

不快コメントについては本当にどうしようかな~とも思うのですが、まぁ管理人たる私が削除できるし、見せしめのためにそのまま載せてたりしてます(性格悪)

垣根さんはこのブログに載せている5冊のみです。
いろいろと読みたいですね。
最初に読んだハードボイルドのイメージが強いです(^^)
igaiga |  2012年05月09日(水) 09:23 |  URL |  【コメント編集】

フィジー人についての記述に・・「いつも能天気な彼らだが、おそろしく不機嫌になる場合が、二通りある。眠たいときと、お腹が減ったときだ。(略)・・このパターンに老若男女は関係ない。ほぼすべてのフィジー人がそうだ。」
この部分だけとると、自分はほぼフィジー人。そして大阪の街はフィジー人でいっぱい。
nao |  2012年05月15日(火) 19:16 |  URL |  【コメント編集】

●>naoさん。

確かに(爆)
そう考えると私も思い切りフィジー人です。
そうよね~。
お腹空いていたり、眠かったりすると不機嫌ですよね。
別にフィジーに限ったことではない!!(笑)
実はハードボイルドなイメージが強かった垣根さんでしたので、ずっと気になっていた1冊だったのです。面白く読むことが出来て満足です(^^)
igaiga |  2012年05月15日(火) 21:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/818-4a3b526c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |