igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「刑事のまなざし」 薬丸岳



刑事のまなざし 薬丸岳

『オムライス』…内縁の夫が焼け死んだ台所の流しの「オムライスの皿」、『黒い履歴』…クレーンゲームのぬいぐるみ「ももちゃん」、『ハートレス』…ホームレスに夏目が振舞った手料理「ひっつみ」、『傷痕』…自傷行為を重ねる女子高生が遭っていた「痴漢被害」、『プライド』…ボクシングジムでの「スパーリング」真剣勝負、『休日』…尾行した中学生がコンビニ前でかけた「公衆電話」、『刑事のまなざし』…夏目の愛娘を十年前に襲った「通り魔事件」、過去と闘う男だから見抜ける真実がある。薬丸岳だからこそ書けるミステリーがある。(BOOKデータベースより)

【目次】
オムライス/黒い履歴/ハートレス/傷痕/プライド/休日/刑事のまなざし


この、何って言うか、隙の全くない夏目刑事を見ていると

「加賀恭一郎か!?」>東野圭吾さんのキャラ

といいたくなるのです(・ω・)
転職組だったり、温厚な雰囲気を持ちつつ、何気なく容疑者に近づき、そして落とす。

んーーー。加賀恭一郎みたいだ(--;)>加賀嫌い

しかし、加賀刑事と夏目刑事の違うところは夏目刑事には家族がいるということです。
それがね、また辛いところなのですが。
最後の「刑事のまなざし」は夏目がある意味主役なのです。
そこにたどり着くまでの物語が妙に加賀刑事っぽくて
「夏目刑事イヤーーー(TдT)」と思いながら読んでしまいました。スミマセン。

だからこその「刑事のまなざし」なんだけど、これはね~、その事件が実は「無差別」ではなかったと知った夏目刑事のことを考えるとやりきれない。
そしてあの夫婦もやりきれない。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
『ハードラック』は佳作でしたよ。ところで先の『くちびるに歌を』の感想についてひと言。
 『・・この歳になっても・・・というより、この歳になったからこそ(?)温かい友情に涙もろくなってくる。あぁ・・・歳なのかしら?(爆)いやだ。こんな感想(笑)』
・・最高のポップです!
[ 2012/05/07 07:52 ] [ 編集 ]
>naoさん。
むふふ。
売れないと思う(笑)
「イヤだ。こんな感想」では(^-^;)
でも、内容としては普通ですよね。
合唱部が合唱コンクールに出る話ですから。

そしてやっぱり薬丸作品だなと思いました。
どうしても犯罪の被害者と加害者が登場するんですね~。他の作品まだ読んでないのがありますが(それこそハードラック)、どうなるのか気になります。
[ 2012/05/07 08:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

刑事のまなざし
刑事のまなざし 著者:薬丸 岳 販売元:講談社Amazon.co.jpで詳細を確認する ☆☆☆+ 内容説明 推理作家協会賞短編部門候補作など全7短編ドンデン返しのラストのあまりの絶望に背筋も凍る、推理作家協会賞短編部門候補作「オムライス」他、冷静沈着だが重い過去を持つ刑...
[2012/05/07 22:36] rokurokudo