2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.05.01 (Tue)

4月に読んだ本のまとめ

4月の読書メーター
読んだ本の数:21冊
読んだページ数:7145ページ
ナイス数:193ナイス

四畳半王国見聞録四畳半王国見聞録
なんでこんなに四畳半の話を熱く・・・熱く語れるんだろう?(笑)さすがモリミー四畳半の話を描かせたら右に出る人はいないねっ。・・・左に出る人もいないだろうけど( ̄ω ̄*)
読了日:04月02日 著者:森見 登美彦

平台がおまちかね (創元クライム・クラブ)平台がおまちかね (創元クライム・クラブ)
相変わらず書店業界に対する愛があふれ出てました。先日閉店したジュンク堂新宿店の記事を思い出しちゃいました。ポップ1つにも愛はあるのね~。そしてわたしは本屋さんに住みたくなった~(笑)
読了日:04月04日 著者:大崎 梢

あなたと、どこかへ。 eight short storiesあなたと、どこかへ。 eight short stories
再読。当時、懸賞で手に入れたわたしは「知ってる作家さんいないな~」と大変失礼な事を思ってました(TдT)こうして読むと、吉田さん、角田さん、川上さんが好き。不倫どうのこうの、元カレ(カノジョ)どうのこうのな話はイマイチです(^-^;)
読了日:04月06日 著者:片岡 義男,甘糟 りり子,林 望,谷村 志穂,角田 光代,石田 衣良,吉田 修一,川上 弘美
ビター・ブラッド
ビター・ブラッド
父と子が刑事となると、イメージするものがあるんだけど、ちょっと・・・いや、かなり違った。父親強烈(笑)なんなんだろう。このキャラってくらい笑っちゃったりしました。しかしラストに入りややゴチャゴチャした感じもあった・・・かな。個人的には結構好き。
読了日:04月07日 著者:雫井 脩介

少年H(上) (講談社文庫)少年H(上) (講談社文庫)
今まで読んでなかったことに反省。ただただ反省。面白かった。本のタイトルだけではどういう本か分からなかったからな~。H目線からみた父・母なのでどうしても父親に感情移入してしまった。いいお父さんだ。
読了日:04月08日 著者:妹尾 河童

少年H(下) (講談社文庫)少年H(下) (講談社文庫)
本当にとてもとても面白く興味深かったです。当時の世相や戦争に対しての庶民の感覚や気持ち。もっと早く読むべきだったな~と思いました。
読了日:04月09日 著者:妹尾 河童

斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)
斜め屋敷の犯罪というタイトルだから、トリックに斜めな屋敷が登場するのは分かっていましたが・・・「わかるかーーー!!!」と絶叫しました(--;)これは偶然や運も必要だと思うのです。
読了日:04月10日 著者:島田 荘司

サクラ咲く (BOOK WITH YOU)サクラ咲く (BOOK WITH YOU)
中学生向けということで、辻村さんお得意の痛すぎる人など登場しませんが、3つの作品が微妙にリンクしているあたりはさすがです。でも、どっちかというと「出来すぎじゃないの~!?」という気持ちのほうが強いかも(笑)
読了日:04月11日 著者:辻村 深月

オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴンオール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン
相変わらず善人しか出ないな~(^^;)そこがいいところなんだけど。サチの我南人への突っ込みが面白いです。確かにあんな息子だったら母目線で見たら突っ込みたくなるんでしょう。しかし・・・我南人へのみんなの信頼は厚い。
読了日:04月12日 著者:小路 幸也

桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活
初めて読んだのが「オール・スイリ」の「森娘の秘密」だったのでワケが分からなかったのですが、こうして1冊の本になるとよくわかったし、クワコーの屈折した心ならびに文芸部のテンションの高さなど楽しく読みました。表紙の自転車乗ってる男性・・・誰?まさかクワコー!?(゜Д゜;≡; ゜Д゜) 
読了日:04月14日 著者:奥泉 光

下町ロケット下町ロケット
想像していたのと内容が違っていた。こういう話だったんだ~。楽しく読みました。そうなのよね~。ネジ1本、バルブ1個も大切な部品なのよっ!!
読了日:04月15日 著者:池井戸 潤

富嶽百景・走れメロス 他八篇 (岩波文庫)富嶽百景・走れメロス 他八篇 (岩波文庫)
意外とオチが小気味よいのが驚きでした。こういう作風だったんだね。元々「走れメロス」目当てだったので、そのまま下っていき「東京八景」の暗さに本を放り出したくなりました(^^;)
読了日:04月17日 著者:太宰 治

新釈 走れメロス 他四篇新釈 走れメロス 他四篇
モリミー最高!!ヽ(´∀`*)ノ これを読むために本家「走れメロス」を先に読んだワケですが、原本を読まないとただの変人の物語としてインプットされるところでした。「山月記」「百物語」「桜の森の満開の下」は原作未読。逆に原作も読みたくなりました。
読了日:04月18日 著者:森見 登美彦

心霊探偵八雲9  救いの魂心霊探偵八雲9 救いの魂
「最終章突入!」とありましたが、その最終章は一体何冊続くのか・・・。すこーーーしずつしか進んでないね~(笑)でも、八雲と晴香の関係が少し進んだ気がした。よかよか。
読了日:04月19日 著者:神永 学

誇り誇り
東さんだけ初めまして。堂場さん、かなりお久しぶり。そのせいか堂場作品を読みたくなりました(^^)今野さんは相変わらずいいですね~。それぞれに味わいがあって面白かったです。
読了日:04月20日 著者:今野 敏;東 直己;堂場 瞬一

高原のフーダニット高原のフーダニット
ちょっと脱力。「ミステリ夢十夜」ではだんだんと夢っぽくなっていったのが笑えた。なんですか。大統領のSPって(笑)オノロコは賛否両論あるだろうって話ですが、有栖川さんのこのシリーズってこういうパターンも結構あるかと。ってことで表題作が一番好きです。
読了日:04月21日 著者:有栖川 有栖

七十歳死亡法案、可決七十歳死亡法案、可決
最後「うまくいきすぎじゃない??」という感じもありますが、全体的に面白く読みました。この総理がかなりの曲者なんだよね~。でも、この法案にはワタクシ個人的に賛成です(笑)
読了日:04月23日 著者:垣谷 美雨

慟哭 (創元推理文庫)慟哭 (創元推理文庫)
「最後がね~」と他のブロガーさんから言われていたが、意外に想定内だったので「やっぱりっ!!」「やっぱり!!!」と思ったのです。結構好き。初めての作家さんだったのでこれからも読んでいこうと思ってます(^^)
読了日:04月24日 著者:貫井 徳郎

プリズムプリズム
昔ビリー・ミリガンを読んだことがあったが、それを思い出しました。卓也はビリーミリガンでいくところの「先生」かな。とか。しかし・・・てっきり純也に惹かれるのかと思ったら卓也だったのか~~。物語的に意外だった。そして梅田夫婦もちょっとよくわからない(^^;)
読了日:04月26日 著者:百田 尚樹

愛おしい骨 (創元推理文庫)愛おしい骨 (創元推理文庫)
長かった(^^;)しかし、何のためらいもなく馬で蹴り殺そうとするイザベルが強烈。てっきり過去の回想(当時何があったかとか)があると思ったのだけどあくまでも「現在」からの視点で物語が進み、結局自分自身消化し切れてない部分が残った。
読了日:04月28日 著者:キャロル・オコンネル

パリ黙示録 1768 娼婦ジャンヌ・テスタル殺人事件パリ黙示録 1768 娼婦ジャンヌ・テスタル殺人事件
パリ強烈~。当時のパリは本当に革命にまっしぐらってところだったんだろうな。ジャンヌの死の真相に本当に驚きました。だからか、マレーの秘密にはイマイチ(笑)そのくらいジャンヌの死と当時のフランスを考えるとありそうで驚きました。
読了日:04月30日 著者:真梨幸子

2012年4月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター



21冊だって~(・∀・)
結構読んだようで読んでない??
まぁ「愛おしい骨」に時間かかりました。
「少年H」も自分が予想していたよりは時間かかりましたね~。
メインは図書館です。
こうして見てみると図書館ってありがたい。
絶対自分が買わないような本が読めるので♪
今も6冊かりてきました。
そのほかにも自分の本棚で再読したい本がチラリホラリ。
5月も楽しくなりそうです(^^)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ      
ランキング参加中です。押していただけると励みになります

関連記事
10:02  |  月別まとめ  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●すごいですね

21冊は十分に多いでしょう!すごいなぁ。
たくさん読まれてますね。
patch |  2012年05月01日(火) 10:26 |  URL |  【コメント編集】

●>patchさん。

結構読んでますね~。
図書館の本になるとサクサクと進むから不思議です。
しかし、愛おしい~で時間取られなかったらもう1冊くらい読めた・・・かな?
igaiga |  2012年05月01日(火) 11:14 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは。

私は4月全然本が読めなかったので、
なんだかちょっとストレスたまり気味ですぅ~。
21冊・・・すごいなー☆私もその位読みまくりたいですっ(^∀^)v

八雲シリーズもやっと最終章ですね~。
なかなかでないので、心配してました(笑)
ひいち |  2012年05月01日(火) 12:42 |  URL |  【コメント編集】

●>ひいちさん。

ふふふ(〃∇〃)
21冊です。
なんか、20冊以上超えると気持ち嬉しいですね。
読メでトータルを出すまで何冊読んだか分からないのですが、
21冊。嬉しいです。
でも、もっと読んだ気もしたんですけどね。

確かに八雲くんもハマったのって8巻出たあとだったのですよ~。
なので9巻までもどかしかったです。
しかし9巻で終わらなかったという。。。(涙)
igaiga |  2012年05月01日(火) 21:58 |  URL |  【コメント編集】

●すごい量

僕もけっこう読んではいるんですが、ジャンルが偏り気味なのと、内容が落とし込みきれていないのが悩みです・・・。もう少し、視野を広げないとなぁ
しかひで |  2012年05月01日(火) 23:47 |  URL |  【コメント編集】

●>しかひでさん。

あ、ジャンルはわたしも偏ってますね~。
・・・と、思ったのですが4月を見る限りでは結構バラけてました(^^)
ミステリーとかドンパチが好きなので、あまり恋愛やヒューマン系は読まず、SFとファンタジーは苦手だったりします(^-^;)
でも、5月もこんなバラけ具合で読めたらいいなと思ってます。
igaiga |  2012年05月02日(水) 06:36 |  URL |  【コメント編集】

八雲シリーズの終わる終わる詐欺が素敵ですよね。
まぁおもしろいから読者としてはいいんですけどね
西由記 |  2012年05月02日(水) 11:51 |  URL |  【コメント編集】

●>西由記さん。

そうそう。面白いしあのテンポが好きなので本当は続いてほしいんですけどね~。
でも、「最終章」なんて書くから「終わるのか?」とドキドキしちゃって読んじゃうワケなのです。
ね~。
igaiga |  2012年05月02日(水) 15:11 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/815-3ec2a37c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |