igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「占星術殺人事件」 島田荘司



占星術殺人事件 島田荘司

怪事件は、ひとりの画家の遺書から始まった。その内容は、6人の処女から肉体各部をとり、星座に合わせて新しい人体を合成する、というもの。画家は密室で殺された。そして1カ月後には、6人の若い女性が行方不明のあげくバラバラ死体となって…。奇想天外の構想、トリックで名探偵御手洗潔をデビューさせた、衝撃的傑作。(BOOKデータベースより)

有名な本でございます。

・・・が。
トリックの時点で

あれれ???

と思った。
なんだろう?このトリック、以前どこかで見た記憶が・・・。
と、思って読み終わってネットで探したら(便利な時代になりました)ありました。

某(金田一少年の事件簿←ネタバレのため反転中)作品が使っていたみたいですね~。
そうか~。
しかもその後に盗作とかパクリとかで問題になったとか。
そりゃそうだよね~。
こんな衝撃的なトリック、他で使われたら腹立つよね~。
しかもあたしそっち先に読んでたし(^^;)

しかし、うつ病の探偵役って初めてかも(笑)
「読者への挑戦状」スタイルで分かったことが一度もありませんがいいですよね。
作者さんの並々ならぬ自信が伺えます。
実際のところ、島田作品はこれで2作目なのでまた新しい作品に出会いたい~。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
今となっては有名で、ミステリーファンにとってはありがちなトリックみたいですね。私は全く知らなかったので、なるほどね~!と単純に感動したんですけど・・。
ここだけの話ですが、私はあの殺された画家がモデルとして使ってたのはマネキンだったのでは?なんていう予想を立ててたんですよ(苦笑)
私の推理力なんてこんな程度のレベルです・・。
[ 2012/03/26 11:11 ] [ 編集 ]
読み応えのある一冊でした。積読本もお酒も少なくなってきました・・?
[ 2012/03/26 11:20 ] [ 編集 ]
>DONAさん。
いや・・・どうやら私の白抜き部分のアレがパクったらしいんですよね~。
あんなトリックなんてまずないじゃないですか~。
でも、ラストに図解で説明していた時に「あれ?」と思ったのです。
そして調べたらわんさかと芋づる式に情報が(笑)

絶対絶対あっちを読んでないほうが驚きも興奮もありましたよ~。
ちなみにあたしもレベルは低く・・・まさかそういうトリックだとは考えもしませんでした(・∀・)
[ 2012/03/26 11:24 ] [ 編集 ]
>naoさん。
図書館で7冊借りてきました(。・ω・。)
お酒は昨日1万円分買ってきました(1か月分)
今回のトリックは・・・そんなワケで事前に別のところで知ったというか、そっちがパクったというか・・・そういう泥仕合もあったというのをおととい知りました(^^;)
なんか悔しさ満点なので今度別の本を読むことにしました。
本当は今回図書館で借りてこようかなと思ったのですが、「続くな~」と思って今回はパス。
面白い本に巡り会いたいですね~。
そしてトリックのパクリは勘弁してほしいです(^^;)
[ 2012/03/26 11:26 ] [ 編集 ]
こんにちは!

古い作品になると、衝撃なトリックほどパクられていたりするからイヤですよね。
私も読み終わってすぐに検索かけた人間です(笑)

でも私は、金田一少年ではこのトリックの回を見てないと思うので、たぶん他でもパクられてたと思うんですよねえー…?
[ 2012/03/26 15:28 ] [ 編集 ]
>さっくんさん。
あたしも見た記憶があるというかないというか・・・
でも、初期(というか、漫画でいくところの12~3巻くらいまで)はよーーーーく読んでいたので記憶に残っていたみたいなのですよ~。
結構そっちもファンだっただけにダブルでショックというか・・・(^^;)
[ 2012/03/26 21:15 ] [ 編集 ]
この作品は最初の“日記”を読むのが苦痛で苦痛で仕方なかったのですが、トリックの方は「なるほど~!!」と感心しました。

とは言っても内容をほとんど忘れてしまっているので、近々再読したいです(≧∇≦)

他の御手洗潔シリーズも読みたくなりました。
[ 2012/03/26 21:28 ] [ 編集 ]
>すすさん。
そうそう!!(笑)
日記がなんか読みにくいんですよね。
たいてい物語中の「手記」というのはセリフもないからか読みにくくできてますね~。
また再読してください!
そして、わたしは他の御手洗シリーズに挑戦します!(〃ω〃)
[ 2012/03/27 08:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

占星術殺人事件
 チープな感じのイラストがちょっと気になる「占星術殺人事件」(島田荘司:講談社)。文庫版の初版は1987年となっているが、発表されたのは、1981年で、文庫版の後ろの方にある解 ...