igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「チェーン・ポイズン」 本多孝好



チェーン・ポイズン 本多孝好

本当に死ぬ気なら、一年待ちませんか?人気絶頂のバイオリニスト、陰惨な事件の被害者家族、三十代のOL。三つの自殺に不思議な関連性を見出した週刊誌記者・原田は、“死のセールスマン”が運んだらしき、謎のメッセージの存在を知る。「命の取り引き」がもたらす意外な結末とは?心揺さぶるミステリアス長編。(BOOKデータベースより)

ポイズン・・・かっ!!


初めましての作家さんです。
これはね~。
なるほど。そう来たか~。

でも・・・

なんかそんな予感した(。・ω・。)

ただ騙された気もするんだけど、それでも・・・

そんな予感した(。・ω・。)

じゃなきゃ「物語」にならんよね。
でも、「そういう物語」だと思って読んだのでラスト近くにある「アレ」に多少脱力はしたけど、「やっぱりそういう物語か」と妙に納得した自分がいました(←どういう物語だ)

『1年後に楽に死ねる』

なーんて言われたら、何をしよう(・∀・)
この人はちょっとぶらぶらしただけですでに飽きてしまったようで(^^;)
そういう意味では高校卒業してから働いている自分にしてもきっとそうなんだろうな~と。
こんな感じの旨い(のか?)話には魅力を感じながらも、きっと途中でバカらしくなり、死ぬのをやめそうな予感がするわたしでした。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
この本は本屋さんで久しぶりに一目惚れして買いました。
igaigaさんこのトリック(?)に気づくなんて流石ですね(`^´)自分は何の疑いも無く読んでいたので、騙されちゃいました(←相変わらず単純!!)。

自分は、一年先に死ぬことを目的に生きる事なんて、とてもじゃないけど耐えられそうにもありません
(+。+)弱い人間ですから。
[ 2012/03/29 19:46 ] [ 編集 ]
>すすさん。
トリックというか、「おかしい!?」と思いながら読んだのでトリック登場(?)の時に、「あぁ。やっぱり・・・」と思ったのです。

1年先に死ぬことを目標に日々カレンダーにバツ印をしながら・・・っていうのも疲れますよね。
そういうことを考えるとやっぱりあたしには無理ですね~。
[ 2012/03/30 06:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する