2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.12.30 (Fri)

「その日まで」  吉永南央



その日まで 吉永南央

小蔵屋を営む老女・お草は、最近くさくさしている。近所に安さと豊富な品揃えが売りの和雑貨店・つづらが開店し、露骨な営業妨害を仕掛けてくるからだ。しかもつづら出店の裏には詐欺まがいの不動産売買の噂があって、草はほうっておけなくなるが…。コーヒー豆と和食器の店を舞台に、老女が街で起きるもめ事を解決するコージー・ミステリー。(BOOKデータベースより)

はじめましての作家さんです(・∀・)
それなのに・・・これはシリーズモノですか?

凛とした老女のお草さんがいいですね。
まぁその歳になるまでにいろいろと経験したことがあるんだろうけれど。
物事に対してぶれない姿勢というのはあたしも見習うべきところだと。
そう思うのです。

お草さんのところどころに出てくる過去が気になります。
幼い息子を水の事故で亡くしたらしい。
しかしそれは離婚後で、すでに離婚していたお草さんは遺骨も分けてもらえなかった。
とかとか・・・

むむっ!!これはこのシリーズを遡っていくと分かることなのか?

それにしても和食器とコーヒー豆を売っているお店って絶対センスいいよな~。
行ってみたいよ。小蔵屋へ。

最初出てきた田沼・・・1話だけのキャラかと思ったらラストにも登場。
結構世間は狭いようです。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
06:39  |  その他や~わ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

お草さんの話、私も好きです。こんな風に歳をとりたいな~と憧れてます。
軽い話かと思ったら、意外と重い感じな所も好きでした。まだ1作目しか読んでませんが・・。
DONA |  2011年12月30日(金) 19:29 |  URL |  【コメント編集】

●>DONAさん。

そうそう。特にこちらは表紙もアッサリ系なので軽いほんわかしたお話かと思ったら全然違いましたね(^^;)
ドロドロというか人の悪意が満ちてました。
こういう本は大好きです(笑)
そしてあたしもあんな女性になりたいと思ってます(^^)
igaiga |  2011年12月31日(土) 18:59 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/719-39222098

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |