2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.01.09 (Mon)

「学園島の殺人」 山口芳宏



学園島の殺人 山口芳宏

島の秘密を探ろうとする者は、黒いサンタクロースに殺される-全寮制の学園の島を襲ったのは、生首の入った袋を背負って夜な夜な徘徊する謎の男だった!島に伝わる『再生の書』、来日する王女が持つ『浄化の鍵』、魔界から来たという謎の無人列車、陰謀渦巻く廃墟地帯、そして次々と起きる首切り殺人-学園を救うため、学生探偵・真野原が島の謎に挑む(BOOKデータベースより)

き・き・き・・・

きちゃない(TдT)

えぇ。そう汚かった(TдT)(TдT)(TдT)
真野原サイアク~。
でも、実は「ソレ」は本物ではなくてコレだったんだよ。
と、言われても一旦イメージしてしまったあたしの脳内映像を変えられるわけもなく。
あーーーサイアクだ(--;)

と、思ったのです。はい。
大冒険シリーズかと思いきや、時は過ぎ義手探偵(?)真野原の孫のお話だったようです。
どちらかというとおじーちゃんのキャラの方が好きです。
しかし、それよりもなによりも森崎くんがいいですね。
自己犠牲の精神がありますが、彼もまた草食系の部類に入るんだろうな(^^;)
「救世主」ということで「きゅーちゃん」と呼ばれていたのが笑った。

なんでこの女の子が裸なんだろう?と表紙を見て思いましたが、
一応ちゃんとした理由がストーリー上にありました。
が!
それを女の子の体につけるなんって!
方向性が違うんだろうけど憤慨してしまいました(笑)

次々に起こる首切り殺人ってことでしたが、
相変わらずこの作者さんが考えるトリックは荒唐無稽です。
でもワタクシ・・・

慣れてます(´∀`)

大丈夫よ~。
どんどんおいで。
この手のトリック。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
10:30  |  山口芳宏  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

お久しぶりにお邪魔しました^^

真野原さんのあの復讐方法、最悪ですよね!!笑
私もこういうトリック大歓迎です~
早く続編出てほしいですね。
今度はまたおじいちゃんバージョンで、
荒城さんも一緒に^^
さっくん |  2012年01月09日(月) 15:12 |  URL |  【コメント編集】

あけましておめでとうございます。
昨年は、「QED」をはじめ、igaigaさんのブログを見て、手に取った本もたくさんありました。
今年も、こっそり参考にさせていただきたいと思います。^^
どうぞよろしくお願いします。

この「学園島の殺人」も、図書館で見つけて気になっていた本でした。
きちゃない・・・というのは・・・下・・・の方でしょうか?
スカトロは苦手なんですよ。。。
スカトロだったら読めないかも・・・残念ですが。。。
ルー・ガルーの二巻も面白そうですね。
今度買います~~。
ayah |  2012年01月09日(月) 17:16 |  URL |  【コメント編集】

●>さっくんさん。

こんにちは~。
あれサイアクですよね(^^;)
バカ真野原!!と思ったのですが。
森崎くんが可愛らしいので許す。
でも、森崎くん・・・鈍いのか、草食系にありがちな感じですが、いいキャラです。
妖精島読んでないのでこちらも読みたいと思います(^^)
igaiga |  2012年01月10日(火) 07:06 |  URL |  【コメント編集】

●>ayahさん。

こちらこそ今年も宜しくお願いします(´∀`)

スカトロ・・・に入るかもしれません。
正確に言うと違うかもしれませんが、
下というより上です(--;)
スカトロ・・・かな~。
でも、ヤバイと思ったら読まない方がいい??
ただそれ以外だったらなかなか面白いんですけどね。
ユニークな設定、奇想天外なトリックなのはこの作家さんでは毎回のことです(笑)
igaiga |  2012年01月10日(火) 07:08 |  URL |  【コメント編集】

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012年01月11日(水) 21:56 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/717-bcefda4e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |