igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「万能鑑定士Qの推理劇 1」 松岡圭祐



万能鑑定士Qの推理劇 松岡圭祐

高校までどん底の成績だった天然少女、凛田莉子。沖縄から上京後、感受性を学習に役立てるすべを知り、わずか5年で驚異の頭脳派に成長する。次々に難事件を解決する莉子のもとに、怪しげな招待状が舞いこんだ。絢爛豪華な宝石鑑定イベントに潜む巧妙なトリックを解き明かせるか。1年半で200万部を突破した『面白くて知恵がつく人の死なないミステリ』。初めての方も是非この作品からお読みください。Qシリーズ最高傑作登場。(BOOKデータベースより)

宝石鑑定ゲームなんじゃかんじゃまでは良かったんだけど、そこから先はやや「??」な状態が進んだ。
場面の展開についていけないというか・・・
作者の松岡さん1人が理解している?
それとも読者のわたし1人が理解してない?
そんな展開でした。

新キャラらしき人がちらりと登場。
次の作品から登場するようですが、どのくらい活躍するのでしょう?

事件簿が推理劇になったけれど、それほど変わった感じはしませんでした。

2人の関係も変わってないようにしか見えないし(爆)

まぁ草食系の小笠原くん、期待を裏切らない草食ぶりです(笑)
もう少し積極的に行ければ彼の未来も明るいのでしょうが。
そこが草食系の悲しい性かなと。
そしてガツガツと進む小笠原くんなんて小笠原くんじゃないと思っているので
もう少しそんな状態が続くんだろうな(´∀`)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

万能鑑定士Qの推理劇
 「千里眼シリーズ」で知られる松岡圭祐の「万能鑑定士Qの推理劇1」。このシリーズ初めて読んだが、最高に面白かった。これはまずい。積読の山を消化しようと、あまり本 ...