2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.01.12 (Thu)

「完全犯罪に猫は何匹必要か?」 東川篤哉



完全犯罪に猫は何匹必要か? 東川篤哉

『招き寿司』チェーン社長・豪徳寺豊蔵が破格の金額で探偵・鵜飼杜夫に愛猫の捜索を依頼した。その直後、豊蔵は自宅のビニールハウスで殺害されてしまう。なぜか現場には巨大招き猫がおかれていて!?そこでは十年前に迷宮入りした殺人事件もおきていた。事件の鍵を握るのは“猫”?本格推理とユーモアの妙味が、新しいミステリーの世界に、読者を招く(BOOKデータベースより)

何匹必要なのですか?(・ω・)ゞ

気になるではないかっ!
勿論「完全犯罪をするには猫は○匹必要ですよ」
なんて書いているはずもなく、そして読んでも分かるはずもなく(笑)

しっかし、三毛猫は殆ど○○だけ。
よくそこに着眼したな~と。
コレクターからしたらそれはそれは・・・だよな。

相変わらずふざけた感じの砂川警部と鵜飼探偵が謎解きシーンになるとなんか協力というか、
お互いにいいところを持っていっている感じがする。
ここにくるとマジメなんだよな~2人とも(笑)
ふざけた感じながらも、ちょっと高度なトリックを持ってくるのが毎回毎回意外に感じます(笑)

ところで、ご飯に味噌汁は「猫まんま」だと思ってましたが、
本の中ではそれは「犬めし」だそうで・・・
猫まんまは「ご飯にかつおぶしをかけて醤油をたらして食べる」とか??

トリックにも驚きましたが、こちらにも驚きました。
全く・・・全く事件には関係ないんだけどね( ̄∇ ̄*)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
21:16  |  東川篤哉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/702-7dcf3c50

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |