igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「午前零時のサンドリヨン」 相沢沙呼



午前零時のサンドリヨン 相沢沙呼

ポチこと須川くんが、高校入学後に一目惚れしたクラスメイト。不思議な雰囲気を持つ女の子・酉乃初は、実は凄腕のマジシャンだった。放課後にレストラン・バー『サンドリヨン』でマジックを披露する彼女は、須川くんたちが学校で巻き込まれた不思議な事件を、抜群のマジックテクニックを駆使して鮮やかに解決する。それなのに、なぜか人間関係には臆病で、心を閉ざしがちな初。はたして、須川くんの恋の行方は-。学園生活をセンシティブな筆致で描く、連作ミステリ。全選考委員が「うまい」と評した第十九回鮎川哲也賞受賞作。(BOOKデータベースより)

【目次】
空回りトライアンフ/胸中カード・スタップ/あてにならないプレディクタ/あなたのためのワイルド・カード


いや~・・・・

なんってピュアなんだっ(;´Д`)

あたしが遠い彼方に忘れてきた切ない気持ち。
いや・・元々持っていたかどうかさえ怪しげなピュアな心。

酉乃初・・・
ハツ・・・

友人のおばあさんがハツなんだよね。カタカナで・・・(・ω・)
まぁネーミングに文句をつけても仕方ないが。
須川くん=ポチの謎は明かされないままでしたが、
寂しい女の子に限って「寂しくない。静かなほうが好き」
なんて言っちゃう。

あぁ・・・素直じゃないんだからっ!

と、若き高校生の心情にイライラしつつ、羨ましく思いつつ、
そして結構本の中身はドロドロした部分もあるな。
ただの幽霊騒ぎかと思ったら予想もしない真相がそこに。
意外な人物が裏でワル(?)だったという、思いもかけぬ展開がラストにありました。
そういう意味では楽しめました。
だよね。「鮎川哲也賞」だし。
恋愛だけでは終わらないのだ。

ワタシとしては織田さんみたいになりたいけれど、
彼女みたいな人になるって結構難しいかもしれない。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
こんばんは!
表紙が可愛いですよね!
以前読んだんだけど、内容はすっかり忘れてしまいました。マジシャンなんだよね、初って。
学園ミステリーだった気が。←当たり前だ!!
酉乃初=ニュートリノ
だそうです。多分…何かで読んだ気が…。
[ 2011/11/29 23:48 ] [ 編集 ]
>惺さん。
なんっと!!ニュートリノとは(笑)
ラノベ?ともいえる雰囲気からニュートリノが出てくるとは・・・そうだったのか~。
そういえば「おニュー」だそうです。今の高校でのハツのあだ名。
学園ミステリーなのですが、どうもあたしが読む学泉ミステリーは男子が女子に引っ張られているような・・・(笑)
[ 2011/11/30 14:42 ] [ 編集 ]
こんばんは。

>恋愛だけでは終わらないのだ。

ここには、激しく頷いてしまいました。
恋愛だけだと自分も年齢的に(笑)
シンドいものがあります。

2作目の『ロートケプシェン、こっちにおいで』も恋愛物だけじゃなく
暗い側面も描いていてオススメです。
[ 2011/11/30 21:26 ] [ 編集 ]
>きみやすさん。
おっ!!もう2作目読んだのですか?
いいな~。
あの2人は中学生か?小学生か??
的のんびり恋愛をしているようですが・・・(笑)
恋愛だけだと面白くないんですよね。
プラス殺人事件があるともっと楽しいのですが・・・
それは無理ですね(^^;)
暗い側面が楽しみです(^^)
[ 2011/12/01 09:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する