2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.10.19 (Wed)

「闇の底」 薬丸岳



闇の底 薬丸岳

少女を犠牲者とした痛ましい性犯罪事件が起きるたびに、かつて同様の罪を犯した前歴者が首なし死体となって発見される。身勝手な欲望が産む犯行を殺人で抑止しようとする予告殺人。狂気の劇場型犯罪が日本中を巻き込んだー。絶対に捕まらないー。運命が導いた、哀しすぎる「完全犯罪」。『天使のナイフ』の薬丸岳が描く、欲望の闇の果て。江戸川乱歩賞受賞第一作。(BOOKデータベースより)

うーーーーー。

この話もやりきれない~!・゚・(ノД`;)・゚・

この人の書く本って2冊目ですがこういう話が多いんですかね?
なんっていうか、読んでてむなしくなったというかやりきれなくなったというか。

特に、長瀬。お前だお前。

あーーー可哀想だ。
そういう生き方しか出来なかったというか・・・
藤川はもっと長瀬を大人だと思ったんだと思うんだけど、藤川が思う以上に成長できてなかったんだろうな。
確かに少女が被害者になる性犯罪というのは恐ろしいし、小さい女の子なんていうのは本当に無力。
よく加害者が守られて、被害者家族が守られないなんていうのは、ニュースや小説などでもよく目にしますが、それにしても今回のは・・・

うーーーー(TдT)

なんて言ったらいいのか。
感想を書くのに困る。
感想はあるのだ。
「あー」とか「うー」とか。
それをうまくに言葉に出来ないこのもどかしさ!!(笑)
読書メーターを読むと「サンソン支持」の人が多くて驚いた。
こういう気持ちは子のないあたしには理解できないのか。
そういうジレンマもありました。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
07:46  |  薬丸岳  |  トラックバック(1)  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●これも面白そうですね。

この作家さん、前にigaigaさんが感想を書いていた『天使のナイフ』も面白そうだと思って読みたい本リストに入れていたのですが他に読まなくていはいけない本が目白押しでなかなか順番が回ってきません。

そんなこんなで今度は『闇の底』?

感想を読む限り読後感が悪そうですが、何やら個々で感想が違うようで………。
私がどう感じるかは読んでからのお楽しみですね。
斑点ゾンビ |  2011年10月19日(水) 13:51 |  URL |  【コメント編集】

●>斑点ゾンビさん。

珍しくゾンビさんでいらっしゃいませ~(・∀・)
結構、犯罪の何って言いますか、裏側というか被害者側サイドから見たような話があるんですよね。
だからか、どうしても読んだ後どよーんとしちゃいます。
でもって、「ダークゾーン」先ほど読了いたしました。
なおさんの感想とどう違うのか分かりませんが、あたしの思いのたけを受け取ってください(笑)
igaiga |  2011年10月19日(水) 14:11 |  URL |  【コメント編集】

ある場面で、一瞬にして犯人が判ってしまった。
と思ったら、どうやら違うみたいだ。フェイントに引っ掛かる。
...というのが初読時のわたしの感想でした!

どの作品も暗闇が重くのしかかった様な印象を受けます。
でも、この辺から薬丸作品にのめり込みましたね( ̄▼ ̄*)ニヤッ
uchapapa |  2011年10月19日(水) 21:33 |  URL |  【コメント編集】

●>uchapapaさん。

uchapapaでこられると思わず「パパァ~!」と、言ってみたくなります(笑)

あのミスリードってあのミスリードかな??
藤川と村さんが走っていった方向。
「あれは違うだろう」と思ったのですが、しかし真犯人「その人」を思い浮かべなかったわけではないのですが、実際に「その人」が犯人と分かった瞬間愕然としちゃいました(・ω・)ゞ
薬丸作品面白そうなのでこれからも読んでいこうと思うのですが、続くと精神的に疲れるのでもう少ししたら読みまする。
igaiga |  2011年10月20日(木) 08:57 |  URL |  【コメント編集】

●読み終わって

七つの大罪を扱った映画の『セブン』を思い出しました。
長瀬……やっちまったか……。
結局最後、村さんは真相に気づいていたんだろうか?

やり切れない話ですが私は長瀬が最後に血色がよくふっくらして心からの笑顔を見せたって文章でちょっと救われた感じがしました。
なお |  2012年02月17日(金) 03:15 |  URL |  【コメント編集】

●>なおさん。

やっちまったんでしょうね・・・(TдT)
最後スッキリした顔して登場されてもね~。
そうか・・・やっちまったんだな・・・(遠い目)
なんか切なさ満点でしたね。
「セブン」ってブラピとモーガンフリーマンでしたっけ?あれ?間違ってる?
igaiga |  2012年02月17日(金) 09:25 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/664-669b14dc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

闇の底

闇の底 著者:薬丸 岳 販売元:講談社Amazon.co.jpで詳細を確認する ☆☆☆ 内容(「BOOK」データベースより) 少女を犠牲者とした痛ましい性犯罪事件が起きるたびに、かつて同様の罪を犯した前歴者が首なし死体となって発見される。身勝手な欲望が産む犯行を殺人で抑止し...
2011/10/19(水) 21:35:06 | rokurokudo

▲PageTop

 | BLOGTOP |