igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「七人の探偵のための事件」 芦辺拓



七人の探偵のための事件 芦辺拓

小さな田舎町・名鳴で住人の不審死が続発した。頼りにならない警察に業を煮やした町民は探偵招聘を決意。選ばれた探偵は、七名。第1の事件は森江、第2の事件はナイジェルソープ等と、各々事件を分担・推理するが、各人が解いた真相を繋ぐと何故か不可能犯罪が成立するという奇妙な事態に…。ドンデン返しの連打に貴方は何度驚くか?他シリーズで活躍する個性派名探偵が一堂に会した豪華絢爛探偵祭り(BOOKデータベースより)

面白かったです(・∀・)

あたしこういうの好きなんだよな~。
ナイジェルソープ・・・何に出てた人だっけ?と思ったら「グラン・ギニョール城」ってことで本棚よりもう一度本を取り出す(^^;)
でも、大丈夫!鶴子に関しては問題ない。
平田のままか・・・婿取りしたのかしら??

しかし、実際読むまで
「何でもありの芦辺さんだからタイムスリップ云々で女学生のままの鶴子登場だろう」
・・・などと思っていたあたしの期待(?)はもろくも崩れ去りました。
そこには可愛い鶴子おばあちゃんが。
でも、この鶴子、ばーちゃんになってもむちゃくちゃ可愛い。
ナイジェルソープと意気投合しての活躍、行動、思考、柔らかい大阪弁、地元のおばちゃんの口を割らせるお土産攻撃(爆)
可愛いな~。
森江さんラブのあたしとはいえ、今回はいいところ全部鶴子ばーちゃんがかっさらっていった感じ。

普通の森江シリーズにもちらり脇役で出てたのかな?
また再読開始しなくてはいけない・・・。
「怪人対名探偵」も再読しなくてはいけない( ̄∇ ̄*)ゞ

平成の大合併・・・
うん。分かる。
あたし田舎に住んでるし。
ただいくらなんでも本文の「体じゅうメッタ斬りにされ、発見された場所に血一滴落ちてなかった・・・などなど」は流石に自殺扱いにはならないと思うけど(^-^;)

で、7人の(と言っていいのか??)探偵のキャラが強すぎ、読み終わった後「あれ?結局犯人って・・動機って・・・」とまた読み返すワタクシでありました( ̄ω ̄*)ゞ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
森江シリーズ以外の著作、興味あります。QEDの旅「ベイカー街」へ
[ 2011/10/13 08:35 ] [ 編集 ]
>naoさん。
六歌仙はあの「きのどく」がね~。
「おいっ!」と怒りたくなりましたが(笑)
ベイカー街は、シャーロキアンたる人たちにしたらまたいいんでしょうね(^^)
ベイカー街は結構好きです。
森江シリーズも好きなのですが、それ以外のシリーズも結構読みやすくて好きですね。
[ 2011/10/13 09:09 ] [ 編集 ]
最近igaigaさんが私の未読作家さんを続々制覇している~(笑)
「SRO」1と2がそろいました。
やっと読み始められます。
楽しみです^^
[ 2011/10/13 16:05 ] [ 編集 ]
>HappyFlowerPopさん。
えーーー、HappyFlowerPopさんこそどんどん先行ってますよ~。
SROようやく1が到着したんですか??
結構な忍耐がっ!!(笑)

あたしが読んでいる未読作家さんって芦辺さん以外誰だろう!?
[ 2011/10/13 16:30 ] [ 編集 ]
ロジックの超絶技巧、愉しかったです・・最終巻「伊勢」終盤に向かいます。
[ 2011/11/27 23:31 ] [ 編集 ]
>naoさん。
QEDめちゃめちゃ早いですね!!
おぉ・・・あたしが10年かけて読んだのにnaoさんったら1か月??
凄い~。スピーディ!(・∀・)

「七人の探偵~」は面白かったですよね。
あたしがもっと洋物の本を読んでいたらもっと楽しめただろうなと思ったんですけどね。
まぁそれは今からでも間に合いますのでもっともっと本を読んでもっともっと芦辺さんの世界を楽しめればと思っています。
[ 2011/11/28 09:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する