2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.09.06 (Tue)

「魔女は甦る」 中山七里



魔女は甦る 中山七里

埼玉県の長閑な田園地帯で、肉片と骨の屑のようなバラバラ死体が発見された。被害者は現場近くにある製薬会社・スタンバーグ製薬に勤めていた桐生隆。仕事ぶりも勤勉で質素な暮らしを送っていた青年は、なぜ殺されなければならなかったのか?埼玉県警捜査一課・槙畑啓介は捜査を続ける過程で、桐生が開発研究に携わっていた“ヒート”と呼ばれる薬物の存在を知る。それは数ヶ月前、少年達が次々に凶悪事件を起こす原因となった麻薬だった。事件の真相に迫るほど、押し隠してきた槙畑の心の傷がえぐり出されていく。過去の忌まわしい記憶を克服し、槙畑は桐生を葬った犯人に辿り着けるのか。(BOOKデータベースより)

噂どおり・・・

グロくて、気持ち悪くて、後味悪かったよ~(;´Д`)
いや~強烈。

あたし「こんな死に方したくない」ベスト3に入ります。
これだったら本当に成仏できない(--;)

まぁその手の描写がグロいのは「カエル男」で分かってましたけれど今回もなかなかな・・・。
おぉ・・・怖かった。
ホラーとかいう怖さではなく、想像すると鳥肌たつね。

ヤツらはどこでも見かける生き物ですし、それがヒートの影響でさらに凶暴になる。
おぉぅ・・・(TдT)

それはそうと物語の順番が発売順と前後しているようですが、こちらに登場していた古手川刑事がその後少し成長してカエル男に登場するんですかね。
槙畑も気の毒なところがあったけれど、ずっと引きずっているという事を思うと刑事向きの人間じゃないのかな。
うーーーん(・ω・)
考えちゃった。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
07:59  |  中山七里  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

明日、自分も読んでみます。五十嵐の「リカ」凶悪でした。
nao |  2011年09月06日(火) 12:16 |  URL |  【コメント編集】

●リカ

>naoさん。

ふふふ~。
「リカ」は持ってます(´∀`)
あれも酷かったですね~。
気が緩んだところでグワっと来ましたからね( ̄ω ̄*)
家にありますが悲しいことに再読したくないです(爆)

あ。明日読まれます?>魔女。
書かれたのはこの「魔女~」が一番先みたいですね~。修正して出版したとか??
なので古手川さん出てますが超小生意気ですよ~(笑)
是非感想を教えていただけたら嬉しいです。
igaiga |  2011年09月06日(火) 13:11 |  URL |  【コメント編集】

●グロ好き♪

読んだことのない作家さんです!
私、グロイの結構大好きなので、さっそく図書館で予約してみます。
そんなにグロイものが図書館にあるのか?不安です。
魔女‥→カエル男で読むといいですか?

!!「リカ」も読んでみたい~!!
ちえぞう。 |  2011年09月06日(火) 20:16 |  URL |  【コメント編集】

●おぉ!

>ちえぞう。さん。

おぉ!!グロいの好き?
ではどうぞ。どうぞ(・∀・)
発売順がカエル男→魔女ですが、書かれた襦袢としては魔女が先みたいです(^^;)
内容としては全く関係の無い物語で、魔女に至っては古手川くんなんてたいした役にも立ってませんのでどちらから読んでもオッケーです。
グロさ加減はいい勝負です( ̄ω ̄*)
igaiga |  2011年09月07日(水) 08:26 |  URL |  【コメント編集】

終盤、うぎゃ!でありました。
nao |  2011年09月07日(水) 22:52 |  URL |  【コメント編集】

●痛いでしょ(笑)

>naoさん。

本日「モンスター」upしてます。
よろしくお願いします(´∀`)
ところで痛いでしょ?
こんな死に方イヤでしょ?浮かばれないでしょ?(笑)
ヤツら集団だとかなりの迫力ありますしね~。
読んでて想像しやすかったのでイヤでした。
それこそ「うぎゃ!」「うぎゃ!!」の世界。

ってことで救われないな~と(^^;)
igaiga |  2011年09月08日(木) 09:33 |  URL |  【コメント編集】

●みなさんが口を揃えて

グロいって言うので読んでみました。
いや~~、ホントにグロかったですねぇ。(苦笑)

しかし刑事さんってみんながみんな過去にトラウマを抱えているものなのか?
しかもそのトラウマがハンパ無い!!

この本で一番印象に残ったのは宮條さんの妹さんの話。
わたし的には本編より強烈でした。

で、行方不明だった宮條さん、私は最後まで「どこかピンチになった時にひょっこり現れていいところをさらっていく」と思い込んで読んでいました。
なお |  2011年10月25日(火) 12:09 |  URL |  【コメント編集】

●>なおさん。

あたしも!!!実は生きていた宮條さん!
というのを想像していたんですけどね。
それほど甘くなかったという・・・

でも、これ皆さん口をそろえての通りでしたでしょ~。
そういうアレか!そうなのか!!と思ったのでした。
こんな死に方絶対イヤです。
igaiga |  2011年10月25日(火) 13:08 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/628-070f10f9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |