2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.09.03 (Sat)

「綺想宮殺人事件」 芦辺拓



綺想宮殺人事件 芦辺拓

琵琶湖畔にそびえる壮麗な怪建築群ー“綺想宮”を訪れた名探偵・森江春策を待ち受けていたのは、美しき案内人・二十重亜綺楽と七人の奇怪な滞在客だった。この不可思議な宮殿に森江が到着した晩、自動的に詩をつむぐ機械「大発見」が火精、水精、風精、土精の呪文を歌い上げた。翌日から、天地創造の七日間を表わす曲が奏でられる中、滞在客は次々謎の死をとげてゆく。暗室で発見された五芒星の上の焼死体、毒草園に描かれた九芒星と地中に埋められた死体…それぞれの死体に過剰なまでに凝らされた「見立て」は何を意味するものか?本格ミステリを愛し、その神髄を知り抜いた著者が「探偵小説の最期」に捧ぐ訣別の書。(BOOKデータベースより)

よく分からなかったよ~(ノ∀`)

いや~、森江ファミリーオールスターズって言うくらい森江シリーズに登場していた人がたくさん出てました。
久々に登場。友人の作家・芦辺拓とか(笑)
最近出てなかったもんね。
あと、菊園検事とか。
菊園検事がドタバタやっていた関係上、新島ともかの影が薄すぎるほどうすかったのは残念なのですが。

森江さんあったまいいな~。
なんて感心してましたが、それにはきちんと理由がありました。
そうよね。いくらなんでも博識すぎる(爆)

しかし、それ以前に不思議な話でした。
「探偵小説の最期」ってどういう意味なんだろね(BOOKデータベース)

とにかく薀蓄が強烈で(しかし、森江さんがこの薀蓄を並べるのにも意味があるとか言ってたけど、その意味もよくわからなかった)、何がなにやら分からないままいきなりブチっと終わってしまった感があります。

まさかこういう終わり方が「探偵小説の最期」ってこと?

じゃあ森江さんは今後、弁護士業に専念??
でもあたしは個人的に怪奇的な殺人事件を解決する森江さんより、法廷にて立ち回っている森江さんの方が好きなのです(´∀`)


ランキング参加中です。押していただけると励みになります
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ


関連記事
07:55  |  芦辺拓  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ゴテゴテの綺想宮のその案内・解説、コテコテのしつこさ・・しかしこの本、¥2400+税はお高い。
nao |  2011年09月03日(土) 23:14 |  URL |  【コメント編集】

●難しかった~!

>naoさん。

これは難しかったですね~。
でも、ずっと全編を通じて森江さんがいてくれたので良かったのですが・・・(たまに最初と最後しか出ない場合がある 笑)
それでも難しかったです。
ずっと「来られない探偵って誰?」と思ってましたが誰でもいいんですね。
そっか~そういうことかと思いましたがそれでも難しく思いました。
分かりやすいのが好きなんですよ。
って・・・読解力が足りないのか想像力も足りないのか(^^;)

森江シリーズって結構読み直したくなるので3~4年経ったらまた読んでみようかなと思います。

ちなみにワタクシこちらの本は図書館です(´∀`)エヘヘ
igaiga |  2011年09月04日(日) 11:17 |  URL |  【コメント編集】

●突然失礼致します

突然の書き込み、失礼致します。
私は、テクノロジー犯罪・集団ストーカー被害者です。

テクノロジー犯罪をご存知でしょうか。
まだ、日本ではあまり知られていない犯罪被害です。

目に見えないテクノロジーを使った、新しい犯罪ですが、 海外ではすでに知られるところで、報道もされております。

以下は、被害者で英語のご堪能な方が字幕を入れられたものが見られるようになっております。

http://www.youtube.com/watch?v=6YB4Nidikcs&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=HX0nEoOfyQ4&feature=player_embedded

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=KeRiAKS3730


MKウルトラ計画という有名なマインドコントロール実験の被害者証言の動画もございます。
アメリカ大統領直属放射線人体実験に関する諮問委員会の動画はこちらです。

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/kathudou/gijutusiryou/mkultra/02mkultra.html


また、今年の3月には、オバマ大統領の諮問委員会で、この被害の被害者が証言する場を設けられました。

生命倫理問題に関するアメリカ大統領諮問委員会 日本語訳

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/06news05.html


そして、今年7月には『電子洗脳 あなたの脳も攻撃されている』という本が出版されております。
この被害に関して、アメリカの医学博士が書かれた本です。

この被害を皆様に知っていただくべく、被害を広報しております。

『電子洗脳 あなたの脳も攻撃されている』をぜひ、読んでいただければと思います。
ミランダ |  2011年09月04日(日) 13:23 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/626-75fa12e1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |