igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「過ぎ行く風はみどり色」 倉知淳



過ぎ行く風はみどり色 倉知淳

亡き妻に謝罪したい-引退した不動産業者・方城兵馬の願いを叶えるため、長男の直嗣が連れてきたのは霊媒だった。インチキを暴こうとする超常現象の研究者までが方城家を訪れ騒然とする中、密室状況下で兵馬が撲殺される。霊媒は悪霊の仕業と主張、かくて行なわれた調伏のための降霊会で第二の惨劇が勃発する。名探偵・猫丸先輩が全ての謎を解き明かす、本格探偵小説の雄編。(BOOKデータベースより)

猫丸先輩の長編ものというかなり珍しい1冊。
猫丸先輩の「お前さんの家は金曜スペシャルか!?」に笑ってしまいました(笑)

ラストにとんでもないトリック登場。
いや、これってトリック? NOT トリック??
叙述ってヤツ?
一言言ってもいい??(。・ω・。)

誰が気付くか!!( ̄▽ ̄;)

って言っていい?(。・ω・。)
でも、降霊会でのトリックとか面白かったな~。
何って言いますか、「あぁ~そういうことか!」と。
それにしても猫丸先輩面白すぎる!(笑)

最後に1つ毒殺が出るのですが、そのトリックもまたとても奇術チックな感じがしてとても興味がありました。
いや・・・自分がやってみたいってワケではなくてね(^^;)
その人だからこそ出来た。そんな感じがした素晴らしいトリックです。
はい。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。応援クリックお願いします(。・ω・。)


本日より復活でございます。
お悔やみのコメントなど本当にありがとうございました。
初めての喪主妻ってことで身も心もくたくた(笑)
ってほどくたくたにもなってないですが、久しぶりに会社に来てホッとしてます。
やっぱりあたしがいる場所はここだなと。
これから山積みになった仕事と格闘すべく頑張りながらもまた日常を取り戻せるようにしていきたいと思います。
関連記事
igaigaさん、おかえりなさ~い!!
うぅ、さみしかったよ~v-409
またガンガン更新してください。

叙述トリックって、「叙述トリックがある」って言うだけでネタバレ気味な後ろめたさあります。
でも、「ある」って言われてバレるようなトリックはいまいちってことかな。
すごいのは「あるぞ、あるぞ」って言われてもころっとひっかかりますものね。
[ 2011/11/15 11:12 ] [ 編集 ]
おかえりなさいませ。
「喪主妻」ごくろうさまでした。義弟さん50歳の若さでしたか。早すぎますね。
ウチも田舎なもので葬式大変そうです。
友人などは2日間ろくに寝れない言うてました。

この本は猫丸先輩というキーワード(?)が気になっているのでいずれ読みたいです(キャラ読み?)。
[ 2011/11/15 21:57 ] [ 編集 ]
こんばんは!
お疲れさまでした。
大変でしたね…自分も過去何年か前に「喪主妻」経験しました。気を遣う遣う…大変さわかります。
義弟さんも本当に残念です。ご愁傷さまです。
早く日常に戻れるといいですね。(ってもう戻ってますね、失礼しました)
仕事も普段は嫌だー面倒臭いーとボヤいてばかりだけど、しばらく離れていると何故か無性に仕事をしたくなる。
「あたしがいる場所はここだな」
って激しく同感です。
……ダラダラと締りのない駄でを失礼しました!
この作品、なんだかジャケ画が好みです☆
[ 2011/11/16 00:24 ] [ 編集 ]
さらに…
度々スミマセン(>_<)
前のコメント、下から2行目、
……ダラダラと締まりのない駄文で失礼しました!
と、こう書きたかったのです。
では今度こそ失礼しました!
[ 2011/11/16 00:27 ] [ 編集 ]
おかえりなさい
ごくろうさまでした。

身内が亡くなった時の慌ただしさというもの。
わたしは数年前に父の葬儀で喪主として経験しました。

義弟さん若くして逝かれたのですね。ご愁傷様です。

隊長の復活をこころ待ちしておりました!
お仕事の方も頑張ってください!!

では☆
[ 2011/11/16 06:17 ] [ 編集 ]
おかえりなさい♪
お疲れ様でした。

ブログがいつ更新されるか?読書メーターがいつ更新されるか?もう、待ってましたよ~。ほんっと、おかえりなさい~~(^^)

この本は「霊媒」??ゴーストハントから霊媒物が身近になって来ましたー。読んでみたいなー♪
[ 2011/11/16 07:22 ] [ 編集 ]
>happyflowerpopさん。
ただいま~(TдT)
まだ読みきった本が1冊しかない(笑)
ヤバイぞ。ペース遅いぞ。
でも葬式のどうのこうのが続いていてなかなか休まりませんね。
田舎の葬式恐るべしです。

「叙述」かどうかはわからないんだけど、いや・・・違うかもしれない。このトリックというか仕掛けって何っていうんだろう?
読んで教えてくださいっ!!(笑)
そういえば倉知さんってこの手の作家さんだったなとふと思い返したり(^^;)
[ 2011/11/16 08:26 ] [ 編集 ]
>すすさん。
ただいまです~。
義弟は独身だったので家族が全部やったことになりますね~。グッタリです。眠い(笑)

猫丸先輩ですが、先輩と言っても30代フリーターという設定です。
学生時代からの付き合いなのか?
ちなみに猫丸先輩の下の名前はもちろん(?)不明です(笑)
[ 2011/11/16 08:27 ] [ 編集 ]
> 惺さん。
おぉ!! 惺さんも喪主妻経験ありですか!
結構疲れますよね~。
我が家はダンナが長男で姑とも同居しているのですが、姑のときは密葬にしたいっ!!と無理なことを考えています(笑)
親戚づきあいが面倒だ~。面倒だ~。
今回お世話になったからあたしも逆のときにはお手伝いしなくちゃ(^^;)
と、考えたり。会社のほうが楽ですよね(^^)
元々仕事ラブe-328なので。
[ 2011/11/16 08:30 ] [ 編集 ]
>mizzoさん。
ただいま~(TдT)
本当に・・・本当にグッタリでした。
mizzo教官も喪主経験ありですか。
しかもお父様。
うちのダンナも25歳の時に義父を亡くしておりまして。その頃は今回よりも難しい親戚がいたらしくかなり大変だったようです(^^;)
座り方ひとつでも指示されたようで「腰わるくした」と言ってました。
今日も遅れた分の仕事がんばりますっ!
[ 2011/11/16 08:33 ] [ 編集 ]
>ちえぞう。さん。
ありがとうございます。
なんとか頑張ってます。
読書メーターもきれいな右上がりグラフだったのに平~になっちゃいましたね(笑)
ランキングも頑張ってたんですが、まぁ今回のことで一気に下がったり(^^;)
まぁそれはそれでいっかと気楽な気持ちです。
これを機会にのんびり更新もいいかも・・・と思ったり。
この本は霊媒師を胡散臭いと思う大学の先生との対決みたいな感じです。
それこそ一昔前の「金曜スペシャル」(笑)
[ 2011/11/16 08:35 ] [ 編集 ]
読んだ~。
超面白かった^0^
なんといったらよいかわからないトリック、納得しました。叙述とは違うし、なんだろう・・・。
叙述しないトリック(笑)
猫丸先輩いい(・∀・)
[ 2011/12/05 23:55 ] [ 編集 ]
>HappyFlowerPopさん。
ありがとうございます。
こうして読んでいただけると嬉しいことこの上ありませんっ!!!
で、あのトリックというか仕掛け気づきませんでしょ~!(笑)
わかるかっ!!
と、これは倉知さんの手なのでしょうけれどね。
楽しく読みました。
猫丸先輩の長編って珍しいんです。
最初あの厚さと文字の小ささを見て気が遠くなりましたが(笑)、読んでて楽しかったです(^^)
[ 2011/12/06 08:47 ] [ 編集 ]
題名がきれいですね(^^)
それに読後の爽快感がたまりませんっ!!しばらくいい気持ちに浸っていられました(‐^▽^‐)

初めは、猫丸先輩というふざけた(?)ネーミングのため、軽めのミステリだと思ってましたが、がっつり本格で楽しく読めました。次は『星降り~』か『猫丸先輩の推測』を読みたいです。どっちがお勧めでしょう?

猫丸先輩のキャラはいいですね~。かなりの自己中心でも憎めない性格最高です。ただ、べらんめえ口調(だと思う)がいまいちしっくりこない感じでした(+。+)
[ 2012/02/15 21:45 ] [ 編集 ]
>すすさん。
面白かったですね。
猫丸先輩シリーズの唯一の長編なのできっとこれが一番面白いと思います。

次は「星降り~」か「推測」かですか。
やや究極の選択です(爆)
「星降り~」は好きですが、腹立ちますよ(笑)
絶対腹立つと思うのです。
だからこそ読んでもらいたい。
あたし騙されちゃいましたもん(^^;)
家にあるのでもう1回読みます。
もう騙されませんが。
[ 2012/02/16 08:33 ] [ 編集 ]
『星降り山荘の殺人』読みました。
確かに腹立つ~(`^´)かなりの序盤でもう信じきっちゃってました。違う意味でアホな女子大生二人組にも腹立ちますが(笑)こんなん誰にも分らないでしょう。確かに怪しい人が全然いないから、最後はどうなるんだろうと思いながら読んでいましたが・・・。

最後の論理展開には、『デスノート』以来かなり頭を使っちゃいました。
やっぱり探偵もの大好物です(‐^▽^‐)
[ 2012/03/04 09:00 ] [ 編集 ]
>すすさん。
「きえーーー!!!」と叫びましたからね。あたしも(^^;)
確かにそうなのよ。そうなんだけど腹立つっ!!(笑)
腹立つからもう1回読んで今度は騙されないようにしようと思ってます。
そこの問題がクリアしたらあっという間にわかるはず・・・ですよね???
[ 2012/03/05 08:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

『過ぎ行く風はみどり色』 倉知 淳
過ぎ行く風はみどり色 (創元推理文庫)(2003/07)倉知 淳商品詳細を見る 亡き妻に謝罪したい――引退した不動産業者・方城兵馬の願いを叶えるため、長男の直嗣が連れてきたのは霊媒だった。インチキを暴こうと...
[2011/12/05 23:52] HappyFlowerPopの読書日記