igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ジェノサイド」 高野和明



ジェノサイド 高野和明

急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿り着く。ウイルス学者だった父は、そこで何を研究しようとしていたのか。同じ頃、特殊部隊出身の傭兵、ジョナサン・イエーガーは、難病に冒された息子の治療費を稼ぐため、ある極秘の依頼を引き受けた。暗殺任務と思しき詳細不明の作戦。事前に明かされたのは、「人類全体に奉仕する仕事」ということだけだった。イエーガーは暗殺チームの一員となり、戦争状態にあるコンゴのジャングル地帯に潜入するが…。(BOOKデータベースより)

超、久々の高野さんです。
ちょうどタイミングよく、本日が直木賞発表されましたね。
ニュースで知るまでこちらの「ジェノサイド」が受賞候補作に入っていたとは知りませんでした。

なんって言いますか・・・

スケール大きいです(。・ω・。)ノ

研人の章と、イエーガーの章と、ルーベンスの章があったんだけど、やっぱりあたしが日本人だからか研人の章が一番読みやすかったな。
地味な大学院生の研人だけど、最後は頑張ったね~。
その頑張りに応援しまくってました。
「がんばれ!研人!」「負けるな研人!」「あ!そうそう簡単にケータイ使うな研人!!」
と、まぁこんな具合。
研人にはいい協力者がいたな~。
これは偶然の賜物とはいえ、素晴らしい協力者&友人だったと思います。はい。

で、イエーガーのほうだけど、こちらではやや突っ込みたいところもありました。
4人の傭兵はいいとしても、イエーガー以外の闇があまり見えない。
特にミック。彼はなんだったんだ?
それでいいのか?
そんな疑問もちらほら。
読書メーターを読んでも結構皆さん高評価でして、あたしも確かにそうなんだけど、説明不足っていうかもう一声欲しい!!って箇所もちらりほらり。

VS警察とかね(・ω・)

でも、久々の高野さんだったから許す(笑)

そしてタイトルが「ジェノサイド」=大量虐殺っていう意味らしいですが、こうして全部読み終わって余韻に浸っている今、真逆のような気もしました。

でも、やっぱり久々の高野さんだから(以下同文)

応援クリックお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    人気ブログランキングへ

関連記事
期待して・・・
色々話題になってたので図書館に予約して約1か月・・・。
回ってくる気配が微塵もありません(>_<)
ケチしないで買えば良かったでしょうか・・??

勝手に大量連続殺人事件だと思ってたので(しかも嬉しがっていた)、ちょっと意外でした!
[ 2011/07/15 17:00 ] [ 編集 ]
直木賞候補作品でしたか!(・0・。) ほほーっ
i g a i g a さんのレビュー読んでスケールの大きさが伝わりました!
( ̄□ ̄;)デカッ
しかし「ジェノサイド」=大量虐殺って...怖い話なのか!?
[ 2011/07/16 03:37 ] [ 編集 ]
相変わらずの・・(^^;)
>おサルのダンスさん。

相変わらずの1人待ちのこちらの図書館でした(笑)
でも、あたしの後にまた1人いるみたいで、ちゃんと返しますね~。
でも、大量連続殺人とはまた違ったかもしれません(^^)
どうでしょうか。結構厚くて近頃楽な本ばかり読んでいたあたしにとっては手ごわかったです。
[ 2011/07/16 08:42 ] [ 編集 ]
怖くは・・・ない。
>mizzoさん。

うーんとね。怖くはないです。はい(・ω・)
でも、人によりますかね~。
怖いと思う人は怖いかも。
読んでくだされ。そしてあたしにフォローを!!(笑)
確かにイエーガーの章ではジェノサイドしているんですが、研人の章では全く逆のことをしてます。
えへへ(´∀`)
[ 2011/07/16 08:43 ] [ 編集 ]
こんにちは。

直木賞候補だったので読んでみようと思って、予約件数の多さに脱落してしましました。
igaigaさん早いです!

今回も、「igaigaさんのブログで、自分も読んだ気分になる」という、いつものコースを辿っております(笑)

高野さんの「13階段」がとても好きです。
鬱蒼とした暗さですが…
これもかなりヘビィな印象でしたが、そんなに怖くはなさそうですねv-22
ありがとうございます!
[ 2011/07/17 14:06 ] [ 編集 ]
相変わらずの(^^;)
>ごろちゃんさん。

相変わらずの予約まち1人だったので(^^;)
「ふがいない僕は空を見た」に関しては誰も借りてなかったし。
そういう意味では楽な図書館です。
うちの県の人ってあまり本読まないのかしら?という疑惑まで出る始末です。はい。
高野さんの本は大好きで、「13階段」も大好きですが「グレイグデッカー」も大好きです(^^)
もっとこの人の本を読みたいんですけどね~。
[ 2011/07/18 07:53 ] [ 編集 ]
大満足(o^∇^o)ノ
すごく面白かったです!図書館の予約待ちの皆さん、早く読めるといいですね(^^)
自分の所もigaigaさんと同じく、田舎なもので予約一人待ちでサクっと借りれました。

内容は、皆さんが思っている『怖さ』は無いと思いますよ。ただ色んな所で精神的なショックは受けるかも・・・。
ただ途中で、難しすぎる科学の話が、論文を読んでいるみたいで(もちろん論文なんて読んだことありません)頭が爆発しそうになりました(笑)
あと、アメリカってこんな国なのかな~って本気で思っちゃいました(+。+)怖い・・・。
[ 2011/08/06 10:07 ] [ 編集 ]
ヨカッタ(。・ω・。)ノヨカッタ
>すすさん。

読み応えありましたよね~。
確かに論文とか良くわかってなかったです。

いえ・・・殆ど分かってませんでした(笑)
でも、研人の戦いはしっかりわかりましたよ~。
頑張れ研人!!と応援してました(´∀`)
アメリカってこういう国なんですかね。
ほんと。
何って言うか・・・ねぇ(笑)
[ 2011/08/06 13:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

ジェノサイド/高野和明
※あらすじ※ アメリカ大統領官邸でひそかに会合がもたれていた・・・。 アフリカ大陸で進化した人間が産まれたというのだ。 過去に出された論文「ハイズマン・レポー...
[2011/12/23 14:01] mahirose cafe