igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「本日は大安なり」 辻村深月



本日は大安なり 辻村深月

結婚は、人生最大のエンターテインメント!
企みを胸に秘めた美人双子新婦、プランナーを困らせるクレーマー夫妻、新婦に重大な事実を告げられないまま、結婚式当日を迎えた新郎……。人気結婚式場のとある大安の一日を舞台に人生の悲喜こもごもをすくい取る。(BOOKデータベースより)


この間の「オール・スイリ」を読んでも思ったけど、辻村作品がいい意味でアダルトになっていっている気がします。
やっぱり本人も歳を重ねていっているからでしょうけれど。
だからか最近は安心して読めるってところもある。

今回は4組の結婚式。
そうか。都会のチャペルでは1日に4組も結婚式するんだ~。
時間キツキツだね。

・・・早く終わってよいかも(^^;)

しかし、プランナーも大変だな。
どの職業もそうだろうけれど、顔で笑って腹の中煮えくり返るってあるだろうな。
しかも、自分の担当した新婦が・・・ってなるとプロだね。

でも、どの人もみんな幸せになって~(〃ω〃)

でも、殴りたいのはバカ隆雄。
なんなんですかね。
彼は。
バカですか?
頭悪いんですか?
モノが言えないんですか?


殴られて当然です!!

おまけキャラとして「子どもたちは夜と遊ぶ」の恭司と狐塚が登場しましたが、うすぼんやりとして覚えてなかった。
読む前から彼らが登場すると聞いていたので、「誰だっけ?」と調べなおしました(^^;)
「子どもたちは~」は浅葱の印象が強すぎてそれ以外がちょっと・・・(^^;)
実際彼ら・・・必要?(・ω・)

あ、あたしは映一さんの微動だにしない精神力が好き。
揺らがないって素敵

ランキング参加中です。ぽちっと(・ω・。)お願いします 
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     人気ブログランキングへ
関連記事
(揺らがない)映一の言葉・・
「朝から、何をやってるのかって思ってた」
効いたように思いましたが。
[ 2011/06/25 08:47 ] [ 編集 ]
月子~!!
狐塚クンも登場なんですか~!
個人的に、妹はその後どうしてるか気になります。

辻村作品は妙に長いものが多い気がして、
えいや!って読み始めないとなかなか・・・(苦笑)
[ 2011/06/25 15:27 ] [ 編集 ]
効きました!!
>naoさん。

映一のあのセリフは良かったですよね~。
「朝から何をやってるかって思ってた」
揺らがないですね。
迷いがないというか・・・
良かったです。
いいですね。ここまで揺らがないと妃美佳みたいに屈折している女性には無理ですね~。でも女性サイドからしたら羨ましいことこの上ないです!!(〃∇〃)

ヤツもラストに出てきましたが、貴和子。
優しすぎます(TдT)
[ 2011/06/25 21:51 ] [ 編集 ]
確かに!
>おサルのダンスさん。

あたしも辻村作品で一番最初に読んだのが「冷たい校舎~」だったのですが、上・中・下と3冊ものだったのです(^^;)
とりあえずクリアしましたが、最近はあまり厚くないので読みやすいです。
「子どもたちは~」は浅葱の印象が強かったですね~。
イタイ男。浅葱(笑)
[ 2011/06/25 21:57 ] [ 編集 ]
おひさしぶりです、こんにちは。
重いのかな?と思いつつ読み始めたら、エンタメ色が強くてあっさりと読了してしまいました。
最近の辻村さん、重さというかイタさがやや薄れてきて自分として最近の方が好みです。
やはり読後感が良い作品の方が「面白かった~!」と単純に楽しめる気がして。

個人的にはプランナーさんの苦労に妙に共感するものがあって、プランナーさん登場場面では「サービス業って大変だよねえ」と思いつつ読んでました(笑)
[ 2011/06/28 08:02 ] [ 編集 ]
>blue_blueさん。

そうそう。いい意味でイタいのが薄れてきてますね。
最初は「一体どんだけコンプレックスがあるんだ?」ってくらい同年代女子への僻み系オンパレードだったのですが、最近そういうのが消えてきて読みやすくなってます(^^)
作品の年齢もすこーしずつ大人になってきているせいもありますでしょうか?

それにしてもこの作品のプランナーさんは相当大変ですね。あたしだったら持ちませんかも(笑)
[ 2011/06/28 10:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する