igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「遊星ハグルマ装置」 朱川湊人 笹公人



遊星ハグルマ装置 朱川湊人 笹公人

同じ「惑星」からインスピレーションを受けた直木賞作家の短篇小説と“念力”短歌が交感!?空想と科学と、昭和の薫りと…懐かしく不思議な物語が紡がれる。

【目次】
土産屋の少女(笹公人)/夜光虫(朱川湊人)/中学生とデスマスク(笹公人)/ゴメンナサイネ(朱川湊人)/惑星リア・ディゾン(笹公人)/雨の世界(朱川湊人)/黒いおもちゃ箱(笹公人)/不都合な真実(朱川湊人)/夏の包帯(笹公人)/蚊帳の外(朱川湊人)〔ほか〕


不思議な本なんですが、面白かったです。
笹さんと朱川さんが交互交互に登場します。
実際、笹公人さんってこの本を読むまで分からなかったのですが、この本を読み終えた今、

やっぱりわかりません(T▽T;)

短歌を詠んでいるのですが、その短歌の

4分の1がニヤリとしたもの。
4分の1がブラック、もしくはシニカル
4分の1が妙にほっこり。
4分の1が意味不明。


な短歌なのだ(・ω・)ゞ

読んでて反応に困っちゃう場合もあるのだよ

で、朱川さんの小説も5~6ページで終わる短いものですが、薄気味悪いものもあるんだけど、基本的には楽しい。
ラビラビの話や、体重100キロで死んじゃった魔法使い(?)のお母さんの話など結構ユニークです。

読んだ後特に心に残るものはないんだけど、ちょっとほんわかした気持ちは残りました。

きっとあたしが昭和の女だからだろうってことで(笑)

応援クリックお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する