igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「密室の如き籠るもの」 三津田信三



密室の如き籠るもの 三津田信三

猪丸家に突然、謎の女が現れる。その名は、葦子。狐狗狸さんのお告げを伝える彼女が後妻に来てから、何かがおかしい…。そんなある日、屋敷の二階で密室殺人が起きた。惨事の元凶は狐狗狸さんなのか、はたまた…。旧家をおそった凄惨な事件を、刀城言耶が解明する(「密室の如き籠るもの」)。表題作ほか、全4編収録。シリーズ最新作(BOOKデータベースより)

【目次】
首切の如き裂くもの/迷家の如き動くもの/隙魔の如き覗くもの/密室の如き籠るもの


いろいろどれも面白かったのですが、やっぱり表題作の「密室の如き~」が面白かったです。
長いからね。
このシリーズはやっぱり長いほうが面白いかもしれない。
短編だと、刀城さんやる気なさそうで(爆)
ある程度長いと刀城さんもやる気満々っ!!ってくらいで仕事をするんですけど。

密室の如き~は狐狗狸(こっくり)さんのお話でした。
狐狗狸さんに魅せられた後妻さんの殺人事件。ってところか?

小学生の頃やったよね。狐狗狸さん。
今思えばなんであんな怖いことをしていたんだろうと思ったりしてましたが。
女子が一度は通る道(?)だからこそ、怖く読みました。

どの作品もそれなりに説明はついてましたが、トリックで言うなら・・・
迷家の如き~が好きかも。

ランキング参加中です。最後にぽちっとお願いします(*´ー`*人)。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  人気ブログランキングへ
関連記事
こんばんは
私もこの作品最近読みましたが、なかなかレビューが書けないままに、内容をほぼ忘れてしまいました(笑)。
またそのうち読まなければ・・・
[ 2011/06/08 21:10 ] [ 編集 ]
>風竜胆さん。

確かにレビューを書きそびれる内容ですね。
どっちかというと長編の方が好きかな。と思いました。
またそのうち読んでください(^^)
しかし、刀城さん・・・まだこの人の性格つかめてません。あたし(^^;)
[ 2011/06/09 09:48 ] [ 編集 ]
今まさに!
図書館から借りてきて、本棚に収まっています。偶然~☆

同時に長編『山魔の如き嗤うもの』も借りてきたので、長編と短編どちらが面白いか比較できそうです。
[ 2011/06/09 16:46 ] [ 編集 ]
結構
>おサルのダンスさん。

この間の「骸の骨」もでしたが、結構ダブりますよね~(´∀`)
ではあたしはこの次「山魔~」を借りてこよっと!!
このシリーズ結構好きです。
好きですが、長編の方が好きかな~(´∀`)
[ 2011/06/10 09:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する