igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「月光」 誉田哲也



月光 誉田哲也

お姉ちゃんが死んだ。誰からも愛された人。優しく美しく、真っ白だった人。同級生のバイクによる不運な事故?違う、お姉ちゃんは殺されたんだ-。姉と同じ高校に入り、一人の教師の協力を得て真相を探り始めた妹結花。そこには覗いてはならなかった姉の秘密が-。学園にピアノ・ソナタ「月光」が流れるとき、教師と生徒の心が狂う。(BOOKデータベースより)

なんっか・・・

悲しい本だな~と思っちゃった。

他のレビューを見るとボロクソに書かれてますが、あたしはそれほどボロクソな作品だとは思わない( ̄ω ̄*)

涼子の視点がなかったから、彼女がどう考えどう行動し、どう結末を迎えたかというのが分からないのがもどかしい。
あたしからすると「戦えよ!」と思っちゃうのです。
涼子のように『優しく美しく真っ白な人間』ではないので( ̄∇ ̄;)
だからただただ言いなりになる涼子にイライラ。
第一羽田のどこがいいんだ(笑)

そして本当はこんな風にしたいワケでもないのに、勢いでこんなことをしてしまった菅井にもイライラ。
バカな男だ。
あんな現場なんて見なければ、涼子とももう少し違った関係になったろうに。

結花の強さは好きだな。
割と誉田作品に出てくるタイプのヒロインだったよな。
彼女の強さが救いだった1冊でした。

しかし・・・この表紙からは想像もつかない内容だったな~・・・

ランキング参加中です。応援クリックお願いしますφ(・ω・。) 
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ
関連記事
悲しい話でしたね・・・。
酷評されるほどひどいとは私も思いませんでしたが、読み進めるとストーリーに意外性はなかったですね。
[ 2011/09/27 10:55 ] [ 編集 ]
>mahiroseさん。
ね~。悲しい話でしたね。
いろいろと誉田さんの本も読みましたが(全部ではない)、暴力的なシーンとか多いですよね。
すっかり慣れましたが(笑)

なんっていうか「戦え!!」と思っちゃいましたね。言いなりではなく。
誉田キャラ、強い女性が多いのでそういうのを涼子にも求めちゃいました。
[ 2011/09/27 11:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

月光/誉田哲也
※あらすじ※ 大好きだった姉・涼子の死・・・。 事故死と判断されたその結果に納得ができない結花。 真相を明らかにすべく姉と同じ高校に進学した結花は、姉の知人か...
[2011/09/27 10:53] mahirose cafe