igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ツナグ」 辻村深月



ツナグ 辻村深月

突然死したアイドルに。癌で逝った母に。喧嘩したまま亡くなった親友に。失踪した婚約者に。死者との再会を望むなんて、生者の傲慢かもしれない。間違いかもしれない。でも-喪ったものを取り戻し、生きるために会いにいく。-4つの再会が繋いだ、ある真実。新たな一歩を踏み出す連作長編小説(BOOKデータベースより)

内容を知らないで手に取った本なのです。
「あ、辻村さんの未読本だ」
そんな軽い気持ちで手に取った1冊。

今のタイミングで読んでしまったあたしはかなり気持ちが重くなりました。
仕方ないです。
知らなかったんだもん。

最初の「アイドルの心得」
多分、他に読まれた方も「あ、これは飯島愛がモデルだな!」と思われたかも。
どこからどうみても飯島愛がモデル。
しかし、飯島愛→「アイドルの心得」のタイトルがとても腑に落ちませんが(^-^;)

あたしは最後の歩美の章、「使者の心得」が好きでした。
彼(歩美)が使者として決心するまでの葛藤や苦悩、嵐美砂との関わりなどなど。
ちょっとした出会いが彼を苦しめ、決意させたくだりというのは読んでいて面白かったです。

最初、表情のない無愛想なオトコノコなのかな?と思ったんだけどね。
そこからが良かったな~。
彼きっといい男になると思うよ(´∀`)


ランキング参加中です。応援クリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ   人気ブログランキングへ
関連記事
確かに…。
こんばんは。
確かにこのタイミングで読むといろいろ考えてしまう内容ですよね…。
自分も「使者の心得」の章が一番印象に残ってます。
[ 2011/03/20 21:53 ] [ 編集 ]
タイミング
>blue_blueさん。

なんっていうか、タイミングが最悪です。
どうしてもね~、今はちょっと避けたいテーマではありました。
テーマが素朴であればこそどうしても考えてしまいますね。
歩美くん将来どうなるんでしょうね(^^)
[ 2011/03/21 11:13 ] [ 編集 ]
こんにちわ。
歩美君の成長ぶりも素敵でしたよね。
彼が引き継いだ後、自分1人で仕事をする所も読みたいです。
続編が出たらいいなぁ。。

[ 2011/04/16 16:32 ] [ 編集 ]
彼の成長
>ゆきさん。

そうそう。歩美くんの成長がいいですね~。
その仕事(?)に就くまでの葛藤やら迷いが描かれて面白かったです。
しかし、読んだ時期がちょうど1ヶ月くらい前でどうしても震災を思い出してしまい辛かったです(TдT)
[ 2011/04/18 09:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する