igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「孤高のメス 外科医当麻鉄彦(4)」 大鐘稔彦





孤高のメス 外科医当麻鉄彦 大鐘稔彦

実川は一躍マスコミの寵児となり、母親と一緒に映る幼児の元気な姿が新聞を賑わした。だが喜びも束の間、容態が悪化していく。この手術の成功に定年後のポストがかかった卜部教授は、最悪の結果となった場合、当麻の手術に原因があったと発表しろと実川に言い渡す。折しも幼児の心臓が停止した。果たして、この小さな命を救うことはできるのか。(BOOKデータベースより)

ここにきてやや波乱気味。
蘭先生の手術と、空也ちゃんの術後がメイン。

ただこの本を読んでいるとイマイチ当麻鉄彦という人物像が掴めないんだよな~。
冷静でいて冷静じゃないのか。
感が鋭いようでいて、鈍いのか。
分からない~(;´Д`)

当麻のことを好きな京子に向かって「君は青木君のことをどう思っているのかな?」なんて聞かれた日には京子にとっては地獄だ。
そして肉親が亡くなった時には人目をはばからず泣く。

いい大人なんだから、周りはばからず号泣なんてすんな!(`д´)=3

しかも医療に携わっているんだから。
しかし、手術や治療になると恐ろしく冷静。
それを考えるとなんっか読めば読むほどこの当麻という人物。
掴めない~(TдT)
実川さん、今回はいろいろ大変でしたけれど彼はまた誠実な人でありましたね。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします ヾ(。・ω・。)ノ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    人気ブログランキングへ
関連記事
Igaigaさん、こんばんは。

相変わらずの読書量ですごいですね。
私も今、負けじと読書中です。読まなければならない本が多すぎて、頭がおかしくなりそう…orz
[ 2011/03/28 23:28 ] [ 編集 ]
>くうさん。

結構読んでますね。あたし(笑)
まぁ今回は地震もありまして、ガソリン不足で身動きが取れないというのも読書量が進んだ原因になりました。
違う本を読んでいて同じキーワードがくると「あれれ?」なんて思ったりして(笑)
[ 2011/03/29 08:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する