igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「月の街 山の街」 イ・チョルファン 草剛訳



月の街 山の街 イ・チョルファン 草剛訳

韓国には「月の街」「山の街」と呼ばれる、貧しい人々が住む街があります。舗装されていない丘の斜面に密集する住宅地。急な階段を上って人々はそこへ帰っていきます。高い場所に位置し、月や山に近いことから、そう呼ばれるようになりました。この本は、そんな「月の街」「山の街」に住む人々のとても温かい物語の数々を収録したものです。(BOOKデータベースより)

友人が大の草ファンってことで頼んでいたわけでもないのですがこの本を借りました(押し付けられました)。
「あたしはあとがきしか読んでないけれど、とりあえず先に読め」と・・・

あたしの予想では友人があとがき以上を読む事はないと思う( ̄∇ ̄*)

そのくらい彼女は本を読まない人です。
数年前にも「ホームレス中学生」を借りましたが、友人はいまだに読んでないらしい(^^;)
本を読まない人というのは本当に読まないみたいです。

ってことで本作。

「童話まで韓流か!!」

と思っちゃいました(・ω・)ゞ

あたしは韓流ドラマは見ないのですが(日本のドラマだってみないのに)あの昔の東映ドラマみたいなシチュエーションってどうなのだ。と思ってはいましたが・・・この本作にしても韓流要素たっぷりです。

「童話」ですが、確かに読んでいると「あ、これは日本の童話みたいなのでもあったな」と思うのもありました。
貧乏は子どもの話とか。
そういうシンプル(?)なのは読んでいてもそれほど違和感がないんだけど、この20ある話のうち、半分以上が障がいがあった子の話っていうのは読んでいて疲れました(^^;)
スミマセン、普段こういう話読みなれてないもので(汗)

韓国で360万部のベストセラーというのに関してはやや納得。

ランキング参加中。応援クリックお願いします(*・ω・*)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  人気ブログランキングへ
関連記事
草さん、翻訳までできるんですね。

>20ある話のうち、半分以上が障がいがあった子の話っていうのは読んでいて疲れました(^^;)

分かります。
気が重くなる話を延々されると胸が苦しくなってしまいますよね。
[ 2011/02/12 21:53 ] [ 編集 ]
>くうさん。

それで友人が「読め!」ときかなくて(笑)
ただね~、民族性の違いなのかそれともあたしの心が冷淡なのか(爆)
あまりこういう話ばかりされてもね~と思ったわけであります。

まぁいつも荒っぽい話ばかり好んで読んでますからね。ちゃんと友人に感想つきで返しました。
「頑張って読むから!」
なんて言ってましたがおそらくそんな日は来ない( ̄∇ ̄*)
[ 2011/02/13 12:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する