2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2019.12.03 (Tue)

「連続殺人鬼カエル男ふたたび」 中山七里



連続殺人鬼カエル男ふたたび 中山七里

凄惨な殺害方法と幼児が書いたような稚拙な犯行声明文、五十音順に行われる凶行から、街中を震撼させた“カエル男連続猟奇殺人事件”。それから十ヵ月後、事件を担当した精神科医、御前崎教授の自宅が爆破され、その跡からは粉砕・炭化した死体が出てきた。そしてあの犯行声明文が見つかる。カエル男・当真勝雄の報復に、協力要請がかかった埼玉県警の渡瀬&古手川コンビは現場に向かう。さらに医療刑務所から勝雄の保護司だった有働さゆりもアクションを起こし…。破裂・溶解・粉砕。ふたたび起こる悪夢の先にあるものはー。

イマイチ。

っていうか、なんで続編書こうと思ったんだろう。
そこまでの感想を持った。

前作は結構面白くて、中山さんの書く作品は続きモノも
面白い作品も多かったんだけど、これは・・・
よくなかったと思う。

前作を読まないと理解できないのもあるんだけれど、
8年以上経ってるんだよね。
覚えてないっていうか(笑)
古手川が死にかけたことしか覚えてなくて。

まぁこの作家さんに登場する人が大体ほかの作品にも
登場しているので、わかるんだけど、御子柴の無駄遣いみたいな
気はしないでもない。

前回のカエル男を利用してのトリックとはいえ・・・
なんというか、不満でした。
関連記事
06:52  |  中山七里  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/4397-d4ba5b0c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |