igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「凶犬の眼」 柚月裕子



凶犬の眼 柚月裕子

所轄署から田舎の駐在所に異動となった日岡秀一は、穏やかな毎日に虚しさを感じていた。そんななか、懇意のヤクザから建設会社の社長だと紹介された男が、敵対する組長を暗殺して指名手配中の国光寛郎だと確信する。彼の身柄を拘束すれば、刑事として現場に戻れるかもしれない。日岡が目論むなか、国光は自分が手配犯であることを認め「もう少し時間がほしい」と直訴した。男気あふれる国光と接するにつれて、日岡のなかに思いもよらない考えが浮かんでいく…。警察VSヤクザの意地と誇りを賭けた、狂熱の物語。日本推理作家協会賞『孤狼の血』シリーズ最新刊!

日岡の大上化が目立つような・・・

↑のBOOKデータベースに書いてあるような、「警察VSヤクザ」というよりも、「警察&ヤクザ」に見えてしまうのはいかがなものか。
でも、エピローグ好きだなぁー。
そうか。こういう風に終わらせたかと思うとなんか・・・
好みの終わり方でした(*´ω`*)

怒られるかもしれませんが(笑)

大上2号となった日岡は次はどうするのか。
こんな感じになると続きもありそうなので楽しみです。

ちなみに密告した人は気づいてました。
きっとそんなことだろうなぁーと。
まぁ敵に回すと怖い考えなしの人ってことで(笑)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する