igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「天上紅蓮」 渡辺淳一



天上紅蓮 渡辺淳一

史上、これほど愛された女性がいたろうかー時の最高権力者・白河法皇と、その養女にして最愛の恋人・待賢門院璋子。法皇63歳、璋子15歳。およそ50歳も離れた二人の愛は、平安という貴族社会を炎上させるほど、激しく純なものだった。文藝春秋読者賞を受賞した、渡辺文学の集大成!巻末には麻木久仁子氏との対談を収録。

渡辺淳一のお得意のエロエロで来たかと思ったら、途中から変に医学書みたいになって(途中から白河法皇の死因について語りだしたのですっ!!他の方の説とか踏まえて、でも自分は大腸癌だと思うとか。えーー??それ小説に必要?)・・・確かにそれもまぁ渡辺淳一の持ち味ではあるけれど・・・しかし、最後の「そう、私は思う」的な終わり方って、なんですか!?(´・ω・`)

ちゃんと小説なら小説らしく締めてほしいものです。
読みながら誰の話か分からなくて、wikiで調べたらなんと!
崇徳天皇のお母さんの話ではありませんか!!
   ※崇徳天皇→日本三大怨霊の1人。

と、思い喜び勇んで読みましたが・・・ほかの作家が書く歴史小説とはちょっと違った感じがして、「これじゃない」感がずっと付きまとってしまいました。
あぁーーーなんだろう。白河法皇も少しイカレれるとは思うけれど、鳥羽上皇もやっぱり普通じゃない。
確かに今の価値観で平安時代を語ってはいけないのでしょうが・・・

私がその時代に生きたら、とてもとても精神的に疲れただろうなと思います。
あーー。だから平安時代って物の怪とか多かったのかな。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する