igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「浜村渚の計算ノート 8と1/2さつめ」 青柳碧人



浜村渚の計算ノート 8と1/2さつめ 青柳碧人

群馬県死ノ字村。通称「方程式を使うことを禁じられた村」で、気味の悪い数え歌をなぞるように連続怪死事件が起きた。数学少女は、この究極の難問をどうやって解決するのか!?二つの旧家=鶴ノ森家と亀倉家をめぐる血塗られた因縁とは。シリーズ史上、もっともディープな愛憎劇が鳥肌ものの、特別長編!

「シリーズ史上もっともディープな愛憎劇」と、ありますがこのシリーズがそもそも緩いのでそれほどディープかというとそうでもない。
1/2さつめってことでやや番外編みたいなところもありますし、普段のシリーズよりミステリー色強め。
数学弱め。
サブタイトル「つるかめ家の一族」ってことで、鶴亀算とか出てきます。

頭が〇つあって、足が△本あると、鶴(足2本)と亀(足4本)はそれぞれいくつか。

的な問題ですね。
方程式使えばバババーンと解けるのでしょうが、方程式使わなくてもいいみたい。
地道に解く方法もあります。

それはそうと、あとがきに書いてた作者の裏ルールがありました。
「浜村渚に死体を見せない」
あぁ・・・そっかー。
まだ中学生だもんね。

と、作者のルールに感動しました。
そこまで気遣っているのかと。
しかし、自分の苦手な漢字ドリルをみんなに手伝わせるとは
いけない中学生です(笑)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する