igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女(下)」 スティーグ・ラーソン



ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 スティーグ・ラーソン

ミカエルはハリエット失踪事件に関する膨大な資料を調べる一方、ヘンリックの一族のいわくありげな人々の中に分け入っていく。だが謎は深まるばかりで、助手が必要と感じた彼は、背中にドラゴンのタトゥーを入れた女性調査員リスベットの存在を知り、彼女の協力を得ることに成功する。二人の調査で明かされる忌まわしい事実とは?幾重にも張りめぐらされた謎、愛と復讐。全世界を魅了した壮大なミステリ三部作の第一部。

ってことで読み返しましたがやっぱり面白かったです。

忘れている部分とか、覚えてた部分。
(ハリエットに関しては覚えてました)

ただ、リスベットがこんなにも知性あふれている人とは思ってなくて。
後半の変装とか、そういう事も出来るのかと。
そして不器用ながらも人に対する気遣いもできてた!!!

なんか次作から野性味あふれてこない???
それはラストのアレが原因なのかな。

ミカエルとリスベットが二人で組んでから仕事しているのは
なんか読んでていい感じだなぁーと思ったんだけど、
まぁラストは多少ほろ苦く。

でもじっくりと読んだ感じ。
よし。2と3も読もう。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する